ソーシャルメディア月間視聴者数ランキング、若者に人気のTikTokは意外な順位に【ニールセン デジタル調査】

現代では個人や法人、世代を問わずSNSが普及しており、プライベートの連絡手段としては電話やEメールよりも利用している人も多いだろう。では実際どれほどの人がSNSを活用しているのだろうか。広告分析やメディア分析の結果を提供するニールセンデジタル株式会社が公開した、2022年4月の「ソーシャルメディア」ジャンルの視聴者数ランキングをご紹介する。

トップ3にはツイッターとインスタがランクイン

ソーシャルメディアによって世界中の人とつながれる時代に

月間視聴者数ランキング第3位は「Instagram」。その視聴者数は「4,663万人」で、月平均利用回数は「38回」となった。Instagramは写真や動画をメインに投稿するSNSで、比較的若い世代や女性の利用者が多い印象だが、現在では飲食店や企業もアカウントを持っている場合が多く、世代や用途を問わず活用されている。
月の平均利用回数38回は、単純計算でいえば1日に1、2回ほど自分で写真をアップしたり、他の人の投稿を見たりしているようだ。

第2位は視聴者数「5,290万人」で「Twitter」。個人の何気ないつぶやきから企業の広告まで多種多様な使い方がされているSNSだ。最近ではイーロン・マスク氏によるTwitter社の買収騒動が注目を集めている。視聴者数自体はInstagramと比べてそれほど大きく離れているわけではないが、平均利用回数とGRP(延べ視聴率)はそれぞれ約5倍という結果に。写真や短い動画が多いInstagramに対し、Twitterは基本的には文字投稿でその頻度も高いため、総合的な視聴時間は長くなっているようだ。また手軽に閲覧・投稿できるので、ちょっとした隙間時間に操作している人が多いこともよく使われる理由かもしれない。

ソーシャルメディア月間視聴者数ランキング、若者に人気のTikTokは意外な順位に【ニールセン デジタル調査】のページです。オトナライフは、【SNSInstagramLINESNSTikTokTwitter】の最新ニュースをいち早くお届けします。