YouTubeショート動画、月間視聴者数15億人を突破! 競合のTikTokアプリに匹敵か

20億人以上のユーザーを抱える動画サイトYouTubeに、2年前に登場したばかりの縦長の動画投稿サービスが注目を集めている。「YouTubeショート」といわれる、この60秒以下の動画の月間視聴者数が15億人を超えたとグーグルが発表したからだ。ライバル「TikTok」に匹敵する勢いの“YouTubeショート”についてお伝えしていきたい。

YouTubeの「ショート」動画、月間視聴者数が15億人を突破

YouTubeの「ショート」(Image:Chubo - my masterpiece / Shutterstock.com)

手軽にスキップしながら、隙間時間に気軽に見られる“ショート”動画は、ますます人気を博している

米グーグルによる現地時間6月15日の発表によると、傘下の動画投稿サイトYouTubeのショート動画サービス「YouTubeショート」の月間視聴者数が15億人を超えたという。“ショート”とは、最大60秒までの縦長の動画を投稿・閲覧できるサービスだ。

2020年にインドで初公開された同サービスが、米国をはじめ世界各国にエリアを拡大し、日本でも同年7月から本格的にこの機能が導入された。スクロールすることで次の動画へとすぐに切り替わるため、従来のYouTubeのようにサムネイルを見て動画を選択する必要はない手軽さも受けている。

通常のYouTube動画と同じく「高評価ボタン」「低評価ボタン」「コメント」機能もついている。隙間時間に気軽に見られることもあり、開始からたった2年で、今や同じショート動画プラットフォームの中でも、若年層を中心に圧倒的な支持を集める「TikTok」にも匹敵するほどの規模にまで成長した。

YouTubeショート動画、月間視聴者数15億人を突破! 競合のTikTokアプリに匹敵かのページです。オトナライフは、【動画・音楽SNSTikTokYouTubeYouTubeショート】の最新ニュースをいち早くお届けします。