「Twitter Notes」最大2,500文字、 長文投稿機能のリリース目前? – ツイッター公式が発表

6月22日、ツイッターが長文投稿機能「Twitter Notes」のテストを開始したと発表した。長文を一度に投稿できないことは、ツイッターの特徴であり、弱点でもあると言える。かねて開発が進んでいると言われていた機能だが、いよいよ実現が目の前に迫っているようだ。

今回は、そのようなTwitter Notesについてお伝えしていきたい。

Notes機能はツイッター版「ブログ」

Twitter Writeアカウントでは新機能・Twitter Notesの実演動画を見ることができる

ツイッターがテスト中の新機能・Twitter Notesは、現時点でアメリカやカナダなどの一部ユーザーのみが利用できる機能となっている。日本のアカウントでは利用できず、Notes機能を告知するTwitter Writeの公式アカウントは「多くの国のユーザーがNotesを読むことができる」としているが、現時点では日本アカウントは読むこともできないようだ。

Twitter Notesは、最大2,500文字まで投稿できるツイッター公式の長文投稿機能となる。これまで140文字を超える投稿を行う際は、投稿をリプライでつなげる「スレッド」機能を利用するか、外部のブログサイトなどのURLを貼り付ける、メモアプリのキャプチャを添付するなどの方法をとるユーザーが多かった。

Twitter Notesは、公式が出したブログ機能といった感覚だ。投稿には文章のほか、ツイートや画像を貼り付けることができる。投稿されたツイートには「Note card」と呼ばれるリンクが貼られ、そこをタップして閲覧するかたちとなる。数週間のテストを経てリリースされる見込みだといい、一般ユーザーが利用できる日も近そうだ。

「Twitter Notes」最大2,500文字、 長文投稿機能のリリース目前? – ツイッター公式が発表のページです。オトナライフは、【SNSTwitterTwitter NotesTwitterの使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。