【ASMR規制強化】Twitterアカウントが軒並み凍結、その原因は?

最近、人気の脳がゾクゾクするような不思議な音と、それによる没入感や癒やされる感覚を楽しむ「ASMR」音声。ところが、YouTubeは2022年6月6日までに規定を改訂し、未成年のASMR動画を投稿禁止とした。さらに6月28日以降、ASMR音声を多く掲載している大手ダウンロードサイト関係のTwitterアカウントが、複数凍結されたことが明らかとなり、現在も注目を集めている。突然起きたSNSでのASMR関係の規制が強化された原因はどこにあるのだろうか。

凍結されたDLチャンネル関連のアカウントとは?

凍結されたDLチャンネルのTwitterアカウント(画像はTwitterより引用)

凍結されたとして話題となっているのは、同人誌やゲーム・電子書籍などのコンテンツ販売サイト「DLSite」の二次元情報コミュニティサイト「DLチャンネル(@DL_channel)」をはじめとする複数のアカウント。同アカウントは原稿を執筆している6月29日15時時点でも凍結されたままとなっている。(以下の凍結についての内容も同時点の情報)

DLSiteでは、ASMR音声の作品が非常に人気だ。しかし一方で、性的な使い方を目的にした音声や動画も多く、それらを宣伝していたアカウントが軒並み凍結され、解除される兆しはないようだ。

実は、2022年の1月~3月頃にもDLSiteに作品を掲載している一部のアカウントが凍結された事例があり、6月の規約改定以前から凍結の噂は広まっていた。凍結されたアカウントの中には、2万人以上のフォロワーがいたものもあり、Twitter上でも一部で話題となっていた。

Twitter社では、成人向けコンテンツなどの5つの条件を「センシティブな内容」として、該当すると判断された投稿は画像や動画を表示する代わりに、警告メッセージが表示されるシステムがある。さらにセンシティブな内容が多いと判断されたアカウント自体が「ツイートやリプライが検索結果に表示されない」「フォロワーにしか表示されない」という「シャドウバン」といわれる、一種のペナルティを課されることもあるという。

しかし、今回の事情を明かしたサイトによると、警告なしの”一発アウト”状態の凍結だったようで、かなり厳しい規制が行われたと考えられる。

【ASMR規制強化】Twitterアカウントが軒並み凍結、その原因は?のページです。オトナライフは、【SNSASMRSNSTwitterYouTube】の最新ニュースをいち早くお届けします。