【Windows 10】画面(ディスプレイ)の明るさを調整する方法!

Windows 10でディスプレイの画面の明るさを調整したいときにはどのような手順で操作すればいいのだろうか。この記事では、Windows 10でディスプレイの画面の明るさを電源オプションやアクションセンターで変更する手順を解説する。

【Windows 10】画面(ディスプレイ)の明るさを調整する方法【電源オプションの場合】

PCで作業やゲームをしていると、画面の明るさを変更したい時がある。現在のWindows 10は周囲の状況によって自動で明るさを判別して設定できるようになっているが、自動で設定された明るさが自分が求める明るさではないこともあるだろう。

そのような場合には、自分で明るさを変更することができる。この記事では、自分でWindows 10の画面の明るさを調整する方法について見ていこう。

Windowsの画面の明るさを変更したいとき、以前はコントロールパネルの電源オプションから設定するしかなかった。しかし、Windows 10からは電源オプションの設定項目がコントロールパネルからなくなり、代わりにWindows 10の設定から簡単にディスプレイの明るさを変更できるようになった。

電源オプションの代わりにWindows 10の設定で画面の明るさを変更する手順を見ていこう。

・設定手順

電源オプションの代わりに搭載された、Windows 10の設定からディスプレイの明るさを変更する手順は次のとおりである。

Windows 10の設定からディスプレイの明るさを変更する手順1

Windows 10の「スタート」をクリックして「設定」を開く

Windows 10の設定からディスプレイの明るさを変更する手順2

Windows 10の設定メニューの「システム」をクリックする

Windows 10の設定からディスプレイの明るさを変更する手順3

左ペインで「ディスプレイ」を開く

ノートPCやディスプレイとPC本体が一体化しているデスクトップPCの場合には、ディスプレイの設定に明るさを変更するために左右にスライドできるゲージが表示される。ゲージを左右に動かすと、最適な明るさに調整できる。

なお、ディスプレイを外部接続して利用するデスクトップPCの場合にはゲージは表示されない。ディスプレイの明るさ調整ボタンで調整しよう。

【Windows 10】画面(ディスプレイ)の明るさを調整する方法!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindows 10Windows 10の使い方ディスプレイパソコン/スマホの設定方法】の最新ニュースをいち早くお届けします。