【Windows 10】USBメモリでクリーンインストールする方法!

Windows 10をクリーンインストールする方法には、インストールメディアとしてUSBメモリを利用する方法がある。この記事では、USBメモリをWindows 10のインストールメディアとして作成して、PCをクリーンインストールする方法について詳しく解説する。

【Windows 10】USBメモリでクリーンインストールする方法

Windows 10を初期化する方法はいくつかある。その中でも今回はUSBメモリを使ってクリーンインストールする方法について詳しく見ていこう。

USBメモリを使ったクリーンインストール方法なら、万が一PCが起動しなくてもクリーンインストールできる可能性がある。他のPCでインターネット上からWindows 10のインストーラーを入手して、USBメモリをインストールメディアとして作成できるためだ。一度インストール用メディアとして作成したUSBメモリは他のPCでも利用可能だ。

インストールメディアを使ったクリーンインストールの方法ではISOファイルをコピーしたDVDを利用する方法もある。DVDではなくUSBメモリを使うメリットは、読み込み速度が速く作業が高速化することと、クリーンインストール後にフォーマットすれば他のデータを保存するための通常のUSBメモリとして再利用が可能な点にある。

クリーンインストールするときにライセンス認証について心配になるユーザーもいるだろう。一度Windows 10を利用したことのあるPCなら、クリーンインストールしてもプロダクトキーでライセンス認証する必要もない。この記事では、USBメモリでWindows 10のインストールメディアを作成してから、USBメモリを使ってクリーンインストールするまでの方法と確認するべき注意点について詳しく解説する。

Windows 10をクリーンインストールすると、内部に保存したファイルやアプリのデータなどはすべて消去される。削除されては困るデータはあらかじめバックアップしておこう。データのバックアップが完了したら、次の手順でUSBメモリを使ってのクリーンインストールを進めていこう。

【手順①】USBメモリにインストールメディアを作成する

まずはUSBメモリでインストールメディアを作成していこう。8GB以上の空き領域のあるUSBメモリを用意して、インストールメディアの作成に使うPCのUSBポートに挿入しておこう。

USBメモリを準備できたら、MicrosoftのホームページからWindows 10のインストール用ツールを入手しよう。

Windows 10のダウンロード【Microsoft

【手順①】USBメモリにインストールメディアを作成する1

「ツールを今すぐダウンロード」をクリックする

【手順①】USBメモリにインストールメディアを作成する2

PCのダウンロードフォルダにダウンロードされた「MediaCreationTool21H2.exe」のファイルをダブルクリックして実行する

ユーザーアカウント制御の画面が表示されたら許可する。

【手順①】USBメモリにインストールメディアを作成する3

Windows 10のセットアップの準備が完了するまで少し待つ

【手順①】USBメモリにインストールメディアを作成する4

ライセンス条項によく目を通して「同意する」をクリックする

【手順①】USBメモリにインストールメディアを作成する5

「別のPCのインストールメディアを作成する」を選択して「次へ」をクリックする

【手順①】USBメモリにインストールメディアを作成する6

言語とWindows 10の構成を選択する。「次へ」をクリックする

インストールメディアの作成に使っているPCのクリーンインストールをする場合には「このPCにおすすめのオプションを使う」にチェックを入れる。他のPCをクリーンインストールする場合には、「このPCにおすすめのオプションを使う」からチェックを外して「アーキテクチャ」で「両方」を選択する。

【手順①】USBメモリにインストールメディアを作成する7

「USBフラッシュドライブ」を選択して「次へ」をクリックする

【手順①】USBメモリにインストールメディアを作成する8

PCに接続しているUSBメモリが表示される。インストールメディアの作成に利用するUSBメモリを選択して「次へ」をクリックする

【手順①】USBメモリにインストールメディアを作成する9

Windows 10のインストーラーのダウンロードが始まる

【手順①】USBメモリにインストールメディアを作成する10

「USBフラッシュドライブの準備ができました」の画面が表示されたらインストールメディアの作成が完了。「完了」をクリックする

すると、インストーラーの作成画面が閉じて、USBメモリをインストール用メディアに作成する手順が完了する。

【手順②】USBからWindowsを起動するようBIOSの設定をする

USBメモリをクリーンインストール用のインストール用メディアとして作成できたら、クリーンインストールを実行していこう。USBメモリからクリーンインストールを行う方法には、Windows 10の設定から行う方法と、BIOS設定でUSBからPCを起動する方法の2つの方法がある。

Windows 10の設定から行う方法を選択したほうが手順が簡単だが、Windowsが起動しないと利用できない。今回は、PCの電源は入るけれどもWindowsが起動しない状態であっても利用可能な、BIOS設定でUSBからPCを起動してクリーンインストールする方法を選択して解説する。この方法はWindowsが通常起動できる場合でも使える方法だ。

この方法でクリーンインストールするときには、PCをUSBメモリから起動するように設定する必要がある。

USBメモリから起動するためには、BIOS設定のBoot設定を変更する。BIOSとはマザーボードやキーボード、ディスプレイなどのPCを利用する上で最も基本的なハードウェアを動かすためのソフトウェアである。Windowsが起動する前に、電源を入れるとほぼ同時に起動する。

BIOS設定でOSを起動する場所としてUSBメモリを選択して設定することで、インストールメディアとして作成したUSBメモリからのクリーンインストールが可能になる。

まずはクリーンインストールするPCの電源を入れてBIOS設定を起動しよう。PCの電源を入れてメーカーロゴが表示されている間にBIOS設定のキーを押す。「F2」などが割り当てられていることが多いが、PCの機種によってBIOSの起動方法は異なる。あらかじめ、PCのマニュアルなどで確認しておこう。

筆者のPCでは電源を入れた直後に「F2」を押すことでBIOS設定が起動した。BIOS設定を起動後に、「Change Boot Order(起動順序の変更)」でUSBメモリーを1番目に選択して設定した。

【手順②】USBからWindowsを起動するようBIOSの設定をする

BIOS設定でPCの起動順位をUSBメモリに設定する

USBメモリからPCが起動するように設定できたら、BIOS設定を終了してからPCの電源をいったん落とす。

【手順③】USBを選択してインストールを実行する

PCの起動順位の設定完了後に電源を完全に落としたら、Windows 10をクリーンインストールするPCのUSBポートにインストールメディアとして作成したUSBメモリを接続しよう。また、最低限必要なキーボードとマウス、ディスプレイ以外の周辺機器はすべてUSBポートから外しておこう。

不要な機器をPCから外して、インストールメディアのUSBメモリとキーボードなどだけが接続されている状態になったら、PCの電源を入れる。

通常はHDDもしくはSSDから起動するが、USBから起動するようにBIOS設定で設定されているので、起動直後にUSBメモリへアクセスする。しばらく待っていると、Windows 10のセットアップ画面がPCの画面上に表示される。

【手順③】USBを選択してインストールを実行する

Windows 10のセットアップ画面が表示される

この画面が表示されたら、USBメモリのインストールディスクからの起動が成功である。後は画面の指示に従ってWindows 10のセットアップを進めていくとクリーンインストールできる。

【Windows 10】USBメモリでクリーンインストールする方法!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindows 10Windows 10の使い方アップデートクリーンインストール】の最新ニュースをいち早くお届けします。