【Windows 10】復元ポイントを自動生成する設定方法!

Windows 10にはPCの調子が悪くなったときのための復元ポイントを生成する機能がある。自動で復元ポイントを生成するように設定するにはどうしたら良いのだろうか。この記事では、Windows 10で復元ポイントの確認方法と自動生成する手順を解説する。

【Windows 10】復元ポイントを確認するには?

PCを使っていると、新しいアプリをインストールしたあとやWindows Updateをしたあとで、思わぬ不調に見舞われてしまうことがある。原因となるアプリやアップデートをアンインストールしても、PCの調子がもとに戻らない時でも、復元ポイントがあれば簡単にもとに戻せる。

復元ポイントとは、Windowsのシステムの状態をバックアップするための機能である。復元ポイントを作成した時点のシステムの状態を保存しておくことができる。

復元ポイントがあれば、復元ポイントを作成したときのPCの状態に簡単に戻すことができる。PCに問題がない状態の時に復元ポイントを作成しておくといいだろう。まずは、Windows 10のPCに復元ポイントを作成してあるかどうかを確認してみよう。

・確認手順

Windows 10に何らかの問題が発生した時に、復元ポイントが作成してなければ復元ポイントを利用したシステムの復元はできない。復元ポイントがなければ、完全にWindows 10を初期化しなければいけない事態になる可能性もある。

直近の復元ポイントがPCに保存されているかどうかは、PCに万が一のことが起きた時に備えてとても大切なことだ。まずは、お使いのWindows 10に復元ポイントを作成してあるかを確認してみよう。確認する手順と方法は次のとおりだ。

確認手順1

Windows 10の「スタート」を右クリックして「システム」をクリックする

確認手順2

左ペインで「詳細情報」を開く。「関連設定」の「システムの詳細設定」をクリックする

確認手順3

別ウィンドウで「システムのプロパティ」が開く。「システムの保護」のタブを開く。「システムの復元」をクリックする

確認手順4

「システムの復元」が開く。「次へ」をクリックする

確認手順5

復元ポイントが作成されていれば一覧で表示されるので確認できる。復元ポイントが作成されていなければ「復元ポイントが作成されていません」と表示される

【Windows 10】復元ポイントを自動生成する設定方法!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindows 10Windows 10の使い方パソコン/スマホの設定方法復元ポイント】の最新ニュースをいち早くお届けします。