PayPay、3年10カ月で5,000万人突破!いまや2.5人に1人が登録

ここ数年で一気に世の中に浸透していった、キャッシュレス決済のひとつ「QRコード決済」。なかでも「PayPay」は業界の“絶対王者”として圧倒的な存在感を放っていることは多くの人がご存じのことだろう。そのようなPayPayの登録ユーザー数が、ついに大台を突破したという。

今回は、勢いが増し続けているPayPayについてお伝えしていきたい。

PayPay、登録ユーザーが節目の5,000万人を突破!

5,000万人を到達したPayPay

5,000万人到達まで4年かからなかったという(画像はPayPayのリリースから引用)

Rコード決済サービス・PayPayを提供するPayPay株式会社は8月18日、「『PayPay』の登録ユーザーが5,000万人を突破! ~日本の人口の約2.5人に1人が登録! 決済を担う社会インフラへと成長~」と題したリリースを発表。PayPayが2018年10月の提供開始以降、わずか3年10カ月で登録ユーザーが5,000万人を突破したことを報告した。

この“5,000万人”は日本の人口の約2.5人に1人が利用している計算になるといい、「決済を担う社会インフラとして成長し続けています」と、PayPayが社会に不可欠な存在となっていることをアピールした。また、5,000万人突破を記念したキャンペーンの実施についても言及し、詳細は後日発表するとした。

またリリースでは、ICT総研が2020年8月と2022年8月に発表した調査結果を引用し、「マイナポイント第1弾」と「マイナポイント第2弾」でともにポイントの受取先として、最も選ばれたことにも言及。直近の第2弾で2位以下を圧倒する支持率を記録したグラフも紹介しながら、PayPayの浸透ぶりをあらためて示したのだった。

PayPay、3年10カ月で5,000万人突破!いまや2.5人に1人が登録のページです。オトナライフは、【マネーPayPayQRコード決済キャッシュレスソフトバンク経済圏マイナポイント経済圏】の最新ニュースをいち早くお届けします。