【Windows 10】「F8」キーでセーフモードを起動させる方法!

Windows 10では、「F8キー」からセーフモードを起動するのはデフォルトでは有効にはなっていない。そこで今回は、Windows 10で「F8キー」をコマンドプロンプトから有効に設定して、セーフモードを起動させる方法について解説していく。

【Windows 10】「F8」キーでセーフモードを起動させる方法

Windows 10のデフォルトでは、「F8キー」からのセーフモードの起動が有効になっていない。Windows 10で、「F8キー」を有効に設定するには、コマンドプロンプトからコマンドを入力する必要がある。そこでここでは、Windows 10で「F8キー」からセーフモードを起動させる方法について解説していく。

【設定手順①】コマンドプロンプトを開く

Windows 10で「F8キー」からセーフモードを起動させる方法①は、コマンドプロンプトを開くことだ。「F8キー」からセーフモードを起動するには、コマンドプロンプトから有効に設定していく。コマンドプロンプトを開く方法は、Windows 10の画面左下にある「スタートメニュー」をクリックし、「Windowsシステムツール」を開く。

【設定手順①】コマンドプロンプトを開く

「Windowsシステムツール」を開いたら、その中にある「コマンドプロンプト」を右クリックして、「その他」→「管理者として実行」をクリックする

「管理者として実行」をクリックすると、「ユーザーアカウント制御」の画面が表示されるので、「はい」を選択する。そうすると、コマンドプロンプトが起動する。

【設定手順②】コマンドを入力しセーフモード起動を有効にする

Windows 10で「F8キー」からセーフモードを起動させる方法②は、コマンドを入力しセーフモードの起動を有効に設定することだ。入力するコマンドは、「bcdedit /set {default} bootmenupolicy legacy」になっている。

【設定手順②】コマンドを入力しセーフモード起動を有効にする

注意点として、コマンドとコマンドの間には必ずスペースを空けるようにしよう。よって、入力するときは「bcdeditスペース/setスペース{default}スペースbootmenupolicyスペースlegacy」という形になる。コマンドを入力したら、「Enterキー」を押す

コマンドを入力し、「Enterキー」を押せば、「F8キー」でのセーフモードの起動が有効に設定される。「この操作を正しく終了しました」というメッセージが表示されたら、コマンドプロンプトの画面は閉じる。

「F8キー」でのセーフモードの起動を有効に設定したら、「F8キー」でセーフモードを起動していく。一度、パソコンを再起動し、BIOS画面やメーカー名が画面上に表示されて消えたらすぐに、「F8キー」を連打する。そうすれば、セーフモードで起動できる。

ただし、BIOS画面やメーカー名が消えてWindows 10の起動画面が表示されてから「F8キー」を押してもセーフモードでの起動はできない。よって、必ずWindows 10の起動画面が表示される前に「F8キー」を押すようにしよう。

【Windows 10】「F8」キーでセーフモードを起動させる方法!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindows 10Windows 10の使い方セーフモード】の最新ニュースをいち早くお届けします。