Twitterで「センシティブな内容」を解除して閲覧する方法 – 解除しても表示されない場合の対処法も解説

Twitterにまれに表示されることのある「センシティブな内容」という警告。この警告が表示されると、ツイートの内容を見るために設定の変更などが必要です。この記事では、「センシティブな内容」のツイート内容を閲覧する方法を画像付きでご紹介します。

Twitterの「センシティブな内容」とは

Twitterでは、「センシティブな内容」が含まれている可能性のある画像やツイートについて、表示前に警告メッセージが表示される仕様になっています。

Twitterの「センシティブな内容」とは

「センシティブな内容」と表示されたツイート。ちなみに警告メッセージが出ているすべてのツイートが「危険な内容」というわけではなく、あくまで「可能性がある」という警告に過ぎません

Twitterで「センシティブ」と認定される投稿の基準・例

Twitterのヘルプセンターによると、以下に該当する投稿が「センシティブ」と判断される可能性があります。

・写実的な暴力描写
・成人向けコンテンツ
・性的暴行に関するコンテンツ
・グロテスクなコンテンツ
・ヘイト表現を伴う画像

たとえば、「写実的な暴力描写」は暴力犯罪や事故に関するメディアが該当し、全裸や性交などセクシュアルなコンテンツは「成人向けコンテンツ」に該当します。

ただし、これらに該当しないコンテンツがセンシティブと認定されることも。筆者としては、「女性的なシルエット」に「肌の色に近い色調」を多く含む画像やイラストは、センシティブとして機械的に判定されやすい印象です。

Twitterで「センシティブ」と認定される投稿の基準・例

【左】女性的なシルエットの画像や、セクシュアルな要素を想起させる画像は「センシティブ判定されるリスクが高い」と筆者は考えます。【右】中には茶色~赤色の猫の寝姿がセンシティブ判定されるケースも。やはり「フォルム」「シルエット」「色調」で機械的に検知しているのでしょう。ちなみに筆者は、コントラバスの画像がセンシティブ判定されているのを見たことがあります

Twitterで「センシティブな内容」を解除して閲覧する方法 – 解除しても表示されない場合の対処法も解説のページです。オトナライフは、【SNSTwitterTwitterの使い方センシティブな内容】の最新ニュースをいち早くお届けします。