2022年版 Netflixのおすすめ海外ドラマ/映画/ドキュメンタリー 18選

世界最大の動画配信サービス、Netflix。さまざまなジャンルのドラマや映画、ドキュメンタリーをいつでもどこでも観られることから、毎日の生活に欠かせないサービスになりつつあります。

今回はNetflixから2022年に観たいおすすめの海外や韓国のドラマ、日本のドラマ、Netflixオリジナル映画、ドキュメンタリーなど計18作をあらすじや見どころを踏まえてご紹介します。

Netflixのおすすめ海外ドラマ 5選

アメリカの大人気SFホラードラマ『ストレンジャー・シングス』の新章、シーズン4の第二部が2022年7月1日から配信開始。同作をはじめに、ますます盛り上がるNetflixの海外ドラマからおすすめの5作品を紹介します。

ストレンジャー・シングス | 80年代のSF・ホラー映画へのオマージュが魅力

ストレンジャー・シングス | 80年代のSF・ホラー映画へのオマージュが魅力

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』はシーズン4まで公開中。シーズン5をもってフィナーレを迎える予定です

(画像はNetflix公式より引用)

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』は2016年7月からシーズン1の配信を開始し、記録的な視聴回数を獲得したSFホラードラマシリーズです。

1983年、アメリカの田舎町で少年が失踪し、捜索しているうちに超能力を持った少女が現れさまざまな超常現象が起こっていくという、スティーブン・キング原作の『スタンド・バイ・ミー』を彷彿とさせる少年少女の冒険譚と、同じくキング原作の『キャリー』のような摩訶不思議なホラー要素の融合が魅力的な作品です。シーズンごとに子役が成長していくのを実感できるのも魅力のひとつです。

クイーンズ・ギャンビット | チェスの才能を開花させた少女の苦悩と栄光の物語

クイーンズ・ギャンビット | チェスの才能を開花させた少女の苦悩と栄光の物語

『クイーンズ・ギャンビット』は1シーズンのみ。残念ながら続編は制作されないようです

(画像はNetflix公式より引用)

『クイーンズ・ギャンビット 』は1950年代、冷戦下のアメリカで母親を交通事故で失った少女が養護施設でチェスと出会い、孤独や薬物・アルコールの依存症と戦いながら男性中心のチェスの世界で世界一を目指す社会派ヒューマンドラマです。

このドラマの魅力はなんといっても主人公ベス・ハーモンを演じるアニャ・テイラー=ジョイの大きく印象的な瞳。チェスの対戦中に上目遣いで相手をじっと見つめる様は、視聴者のこちらまで見透かされているように感じるほどの迫力があります。

『クイーンズ・ギャンビット 』とはチェスの駒の定跡の名前ですが、チェスの知識がなくても楽しめるドラマになっています。

13の理由 | 世界的に社会現象を巻き起こした問題作

13の理由 | 世界的な社会現象を巻き起こした問題作

『13の理由』はジェイ・アッシャーの同名デビュー小説を原作としており、セレーナ・ゴメスが製作総指揮を取っていることでも話題となりました

(画像はNetflix公式より引用)

『13の理由』はアメリカの高校で女子生徒が自ら命を絶ち、その理由を彼女が録音した7本のカセットテープをもとに探っていくティーン向け社会派ヒューマンドラマです。2017年にアメリカで公開されると10代の自殺者が急増し、WHO(世界保健機関)が映画やテレビ制作者に向けて「自殺予防の指針」を策定するに至るなど世界的な社会現象を巻き起こし、現在ラストシーズンであるシーズン4まで配信されています。

ティーン向けドラマですが、アメリカのさまざまな社会問題を内包しており、登場人物一人ひとりにフォーカスしたストーリーは見応え抜群です。

ペーパー・ハウス | スペイン発のサスペンスドラマ、韓国リメイク版も好調

ペーパー・ハウス | スペイン発のサスペンスドラマ、韓国リメイク版も好調

『ペーパー・ハウス』はスペインのテレビ局が放映していたテレビドラマでしたが、Netflixで配信され大ヒット。現在ファイナルシーズンであるシーズン5まで配信されています

(画像はNetflix公式より引用)

『ペーパー・ハウス』はスペイン・マドリードの王立造幣局(ペーパーハウス)に人質を取って籠城し、24億ユーロ(日本円に換算すると3200億円以上!)を盗み出そうとする8人組の強盗団を描いたスペイン発のサスペンスドラマです。フード付きの真っ赤なジャンプスーツに身を包み、スペインを代表するシュルレアリスム画家であるダリの仮面を付けた強盗団の姿は一度見たら忘れられません。

韓国で『ペーパー・ハウス・コリア: 統一通貨を奪え』としてリメイクされ、2022年6月から配信が開始しこちらも大ヒット中です。

ハウス・オブ・カード 野望の階段 | 冷酷非道な政治家が目指す権力の頂

ハウス・オブ・カード 野望の階段 | 冷酷非道な政治家が目指す権力の頂

『ハウス・オブ・カード 野望の階段』はネット配信で初公開されたドラマシリーズとして史上初めてエミー賞を授賞したことでも知られ、Netflixのオリジナルシリーズの躍進の口火を切った作品です。現在ファイナルシーズンにあたるシーズン6まで配信されています

(画像はNetflix公式より引用)

『ハウス・オブ・カード 野望の階段』はアメリカの政界を舞台に、下院議員のフランクとその妻クレアが手段を選ばず復讐し、権力を手に入れようとするサスペンスドラマです。名優ケヴィン・スペイシーが演じるフランクの血も涙もない極悪人ぶりや、カメラ目線で視聴者に語りかけるような演出、リアルなワシントンやホワイトハウスの描写、錯綜する人間関係など見応え充分な大人向けドラマです。

2022年版 Netflixのおすすめ海外ドラマ/映画/ドキュメンタリー 18選のページです。オトナライフは、【動画・音楽Netflix】の最新ニュースをいち早くお届けします。