PayPayポイントが多くもらえる「おトク指定便」実証実験スタート! 8月28日から

コロナ禍に入ってからECサイトの利用が急増し、外出制限がほとんどない現在でも通販を活用する方は多いだろう。注文の際には確実に受け取れるように配達日を指定することが多いが、どうしても特定の曜日に注文が集中してしまう。今回は配達日を調整するために実施される実証実験についてご紹介する。

遅い配達日指定ほどおトクになるキャンペーンを実施!

おトク指定便1

遅いほど付与ポイントが増えるので、週末で確実に受け取れる日などがよさそうだ(画像は「ヤフー株式会社」プレスリリースより引用)

ヤフー株式会社とアスクル株式会社は日用品ショッピングサイト「LOHACO」で標準より遅い配達日を指定することで、「PayPay」のPayPayポイントが付与される「おトク指定便」の実証実験を8月28日から実施することを発表。キャンペーンは注文が集中しやすい毎週日曜日に実施され、8月28日~10月9日までの計7日間の注文が対象だ。

対象店舗は「LOHACO PayPayモール店」と「LOHACO by AKSUL(LOHACO本店)」で、前者は1注文で3,850円(税込、以下同)以上、後者は1注文3,300円以上が条件となる。付与ポイントは注文商品および配達希望日によって変動し、希望日が遅いほど付与ポイントも増えていくようだ。

今回公開されたイメージ図では、水曜日の配達(10円相当獲得)と比べて翌週の日曜(30円相当獲得)の方が付与ポイントは3倍となっている。どうしてもすぐに欲しいということでなければ、1週間ほど待ってお得に買い物するのも良いだろう。また平日の受け取りが難しい人がメリットを享受できるのは大きい。

キャンペーンが成功すれば、さらに指定便のメリットが大きくなるかも?

おトク指定便2

日曜日はPayPayポイントが還元されるキャンペーンが実施されているため、注文が集中しやすい(画像は「ヤフー株式会社」プレスリリースより引用)

今回のキャンペーンは実証実験として開始されており、特定日に集中しがちな荷物量増加を分散させ、物流の安定確保や効率化など、物流業界におけるサステナブルな活動の実現を目的としている。「LOHACO PayPayモール店」「LOHACO本店」のいずれも配達日指定がない場合は基本的には最短翌日に届けるようにしているが、指定がない場合は配達日が注文日に左右されてしまうため、注文が多い日曜日に荷物が集中してしまうようだ。

しかしユーザーに遅い希望日を指定するメリットを提供しおトク指定便を誘引することで、物流ピークの分散を図っている。今回はあくまでも実証実験だが、この結果が良好であれば、今後は対象店舗の拡大やキャンペーン内容のさらなる充実も検討するとのことだ。

物流ピークの分散が主目的ではあるが、サイト利用の促進や、再配達の減少にもつながるかもしれない今回の取組み。配達希望日を指定させることでユーザーが配達日を意識するようになり、当日に荷物を受け取ってもらいやすくなるのではないだろうか。もちろん希望日を指定していても再配達されてしまうこともあるが…。いずれにせよ再配達率11.9%(国土交通省「宅配便の再配達率サンプル調査」2021年12月発表)という再配達の多さも深刻な課題の一つであるため、副次的に少しでも再配達が解消されれば、新たな課題解決の可能性が生まれるかもしれない。

物流や配送の問題は業界内だけでなく、消費者にも大きな影響を及ぼす。今回のような実証実験を繰り返し、企業にも消費者にもメリットがあるキャンペーンを継続的に行うことで、業界の負担を軽減し、人々はさらに便利な生活を送ることができるだろう。

●LOHACO PayPayモール店は→こちら
●LOHACO by ASKUL(LOHACO本店)(※1)は→こちら
※1 直送品を除く「LOHACO by ASKUL」の商品が対象です。

※サムネイル画像(Image:Alim Yakubov / Shutterstock.com)※画像は一部編集部で加工しています

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

PayPayポイントが多くもらえる「おトク指定便」実証実験スタート! 8月28日からのページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフLOHACOPayPayPayPayモールQRコード決済おトク指定便キャッシュレス】の最新ニュースをいち早くお届けします。