マイナンバーカード未申請者、6割の理由は「面倒だから」?

マイナポイント第2弾の実施などにより、申請率が伸びているマイナンバーカード。2022年7月に株式会社DNPフォトイメージングジャパンが15~59歳の男女2,500人を対象に行った調査では、マイナンバーカードの所有率は58.6%。半数以上の人がマイナンバーカードを所有しているという結果になり、2020年12月の48.7%と比較すると約8.1%増加していることがわかった。

では、所有者はなぜマイナンバーカードを申請したのだろうか? また、まだ申請していない人は何か理由があるのだろうか? 今回は、その調査結果を一緒にチェックしていこう。

マイナポイントの影響はやはり大きかった!

マイナンバーカードを申請している理由は?

ポイント効果は絶大か…?(「株式会社DNPフォトイメージングジャパン」調べ)

圧倒的に多かった回答が「ポイントがもらえるから」で、64.0%。最大2万円相当のポイントがゲットできるマイナポイント第2弾の影響は大きいようだ。一度でこれほど大量のポイントをもらえる機会はそう多くはないので、普段からポイ活に励んでいる人たちは、とくに飛びついたのではないだろうか。

次に多かったのは「顔写真付き身分証明書として利用できるから」で25.0%。この回答をしたのは主に18歳未満の人、または運転免許を取得していない人なのではないかと思う。顔写真付きの身分証明書としての利用なら、運転免許証で十分だからだ。

そして、「公的証明書(住民票など)をコンビニで発行できるから」が22.0%と続いた。公的証明書を役所でなくコンビニでも発行できるというのは大きなメリットのように感じる。公的証明書が必要な場面は年に1~2回程しか訪れないが、それでも、その度に役所まで行くのを面倒に感じる人も多いだろう。

さまざまメリットがあるマイナンバーカード。では、申請していない人は、なぜ申請しないのだろうか。今度はその理由を見ていこう。

マイナンバーカード未申請者、6割の理由は「面倒だから」?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフQRコード決済キャッシュレスマイナポイントマイナンバーカード】の最新ニュースをいち早くお届けします。