【Windows 11】エクスプローラーの開き方/使い方を解説!

Windows 11にはエクスプローラーが搭載されている。エクスプローラーとはどのようなものなのだろうか。この記事では、エクスプローラーとはどのようなアプリで、何ができるのか、開き方はどうすればいいのか、詳しい使い方などについて詳しく解説する。

【Windows 11】エクスプローラーとは

Windowsにはエクスプローラーというアプリが以前から搭載されている。Windowsユーザーは「エクスプローラー」という言葉を頻繁に目にするだろうが、実際にどのようなものなのだろうか。

この記事では、Windows 11のエクスプローラーとはどのようなアプリで、どのような開き方、使い方をするものなのか解説する。

・Windows上のフォルダ/ファイルを管理するプログラム

Windows 11に必ず搭載されているアプリ「エクスプローラー」とは、Windows上に保存されているファイルやフォルダを管理するためのアプリである。Windowsを起動するとエクスプローラーは自動で起動し、デスクトップの表示やアプリの起動、ファイルを関連付けられたアプリで起動するように指示管理などを実行している。

エクスプローラーはバックグラウンドでファイル管理やアプリ管理をしているだけではない。ユーザーがエクスプローラーのアプリへアクセスすることで、ファイル管理やファイル検索などに利用することもできる。

・エクスプローラーでできること

Windows 11のエクスプローラーでできることはどのようなことがあるのだろうか。Windows 11のエクスプローラーでできることについて詳しく見ていこう。

エクスプローラーを開くと、左ペインに次のフォルダが表示される。

●クイックアクセス
●PC
●ライブラリ
●ネットワーク

エクスプローラーでできること

Windows 11のエクスプローラー

この他にLinuxを使える環境にしている場合には「ネットワーク」の下に「Linux」というフォルダも表示される。それぞれのフォルダでできることや使い方について詳しく見ていこう。

ーファイル・フォルダの管理

Windows 11のエクスプローラーではファイルとフォルダを管理することができる。保存したファイルやフォルダを確認したり、削除したり、保存場所を移動したりといったファイル管理を行うことができる。

ファイルとフォルダの管理でよく使うのが、エクスプローラーの左ペインの「PC」と「ライブラリ」である。

エクスプローラーの右ペインで「PC」をクリックすると、「フォルダー」と「デバイスとドライブ」の2つの大きなカテゴリがあり、その下に更にフォルダーがある。

ファイル・フォルダの管理

エクスプローラーで「PC」を開いたところ

「フォルダー」の下にあるのは「ライブラリ」からもアクセスできるもので、PCを利用する上で頻繁に使うフォルダーが表示されている。

ダウンロード:インターネット上からダウンロードしたファイルが保存されるフォルダー
デスクトップ:デスクトップに配置したアプリやファイルなどを確認できる
ドキュメント:ドキュメントファイルを保存するためのフォルダー
ピクチャ:画像ファイルを保存するためのフォルダー
ビデオ:動画ファイルを保存するためのフォルダー
ミュージック:音楽ファイルを保存するためのフォルダー

エクスプローラーの「デバイスとドライブ」には、Windows 11のPCに搭載されていたり接続されているストレージやUSBメモリ、外付けHDDなどの記憶媒体が表示されている。それぞれのストレージや記憶媒体に保存されているファイルを確認したいときには、こちらからアクセスして確認できる。

ーOneDriveとのファイルの同期

Windows 11のエクスプローラーからはOneDriveとのファイルの同期もできる。

OneDriveとのファイルの同期

Windows 11のエクスプローラーからOneDiveへのアクセスも可能である

OneDriveとは、Microsoftから提供されているクラウドストレージサービスである。OneDriveに保存したファイルは、同じMicrosoftアカウントにサインインしている他のPCやスマホ、タブレットと同期可能だ。また、共有設定していれば他のユーザーとファイルを共有することもできる。

OneDriveに保存したいときには、Windows 11のエクスプローラーのOneDriveにファイルを保存するだけでファイルがクラウドに同期される。

ークイックアクセスの利用

Windows 11のエクスプローラーではクイックアクセスを利用することもできる。

クイックアクセスの利用

Windows 11のエクスプローラーではクイックアクセスも利用できる

クイックアクセスとは、頻繁に利用するファイルやフォルダを自動で表示させる機能である。エクスプローラーを開くと最初に表示されるのがクイックアクセスである。

クイックアクセスによく使うファイルやフォルダや最近使ったファイルやフォルダを表示するように設定しておけば、保存されている場所を開かなくても、クイックアクセスから簡単にアクセスできるのでとても便利だ。

ーファイル検索

Windows 11には多くのフォルダがある。また、自分でフォルダを作成することもできる。しばらくWindows 11を使い続けていると、必要なファイルをどこに保存したのかわからなくなってしまうこともよくある。そのような場合でも、エクスプローラーからファイル検索できるのでとても便利だ。

エクスプローラーでのファイル検索の使い方はエクスプローラーの画面上部のアドレスバーの右側に検索ボックスがある。この検索ボックスからキーワード検索をすればいい。

ファイル検索

エクスプローラーの検索ボックス

ー同一ネットワーク上のデバイスの確認

Windows 11のエクスプローラーからは、同一ネットワーク上のデバイスを確認することもできる。企業や学校などの組織でPCを利用する場合には、PCやプリンター、サーバーなどを同一ネットワーク上で接続してファイル共有や共有するプリンターなどの利用をしやすくすることが多い。

Windows 11ではエクスプローラーで「ネットワーク」を開くだけで、共有ネットワーク上に接続されているデバイスを確認できる。

同一ネットワーク上のデバイスの確認

左ペインの「ネットワーク」をクリックすれば同一ネットワーク上のデバイスを確認できる

【Windows 11】エクスプローラーの開き方/使い方を解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindows 11Windows 11の使い方エクスプローラーパソコン/スマホの設定方法】の最新ニュースをいち早くお届けします。