「iOS 16」にアップデートする前に準備すべきこと【まとめ】

2022年9月13日にiPhoneのOS「iOS」のメジャーアップデートが予定されています。しかし、新しいアップデートを適用すると当初は不具合が起きることが多く、リリースからある程度の期間を置いてアップデートする慎重な人も増えています。そこで今回は、iOS 16のアップデートに備え、iPhoneユーザーがどのような準備をしておけばいいのか解説しましょう。

2022年9月13日リリース予定のiOS 16は「iPhone 8」以降が対象に!

iOS 16の新機能については、すでにAppleが公式サイトでプレビューぺージを公開していますが、ロック画面が大きく変わり自由にカスタマイズできたり、iCloud共有写真アプリで家族写真の共有が便利になるなど、より便利な機能が搭載されるようです。

●Apple「iOS16プレビュー」→こちら

iOS 16は「iPhone 8」以上が対象に

こちらが、最新のiOS 16の新機能を紹介したAppleの「iOS16プレビュー」ページ。今回はロック画面が大きく変更されることなどに注目が集まっている(写真はApple公式サイトより転載)

もちろん、基本的にiOSのアップデートでは不具合が修正されたり新機能が追加されるので、すぐ適用させたほうがいいのですが、年1回のメジャーアップデートでは思わぬ不具合が起きることが良くあります。

実際に、前回のiOS15は2021年9月21日にリリースされましたが、このときも、いくつかの不具合が確認されています。具体的にどのようなトラブルが起きたのかは、こちらの記事で確認してください。

まずは自分のiPhoneがiOS 16のアップデート対象になっているかどうか確認する

最新版の「iOS 16」にアップデートができる機種はすでに発表されており、今回は、2017年9月発売のiPhone 8/8 Plusのほか、2018年9月発売のiPhone X以降の機種が対応します。

しかし、iOS 15までサポートされてきたiPhone 7やiPhone 6s/6s Plus、iPhoneSE(第1世代)などは、ついに非対応となっています。まずは、自分のiPhoneがiOS 16にアップデートできるのか確認してみましょう。

■iOS 16がサポートするiPhone

・iPhone 13 / 13 mini / 13 Pro / 13 Pro Max
・iPhone SE(第2世代 / 第3世代)
・iPhone 12 / 12 mini / 12 Pro / 12 Pro Max
・iPhone 11/ 11 Pro/ 11 Pro Max
・iPhone Xs / iPhone Xs Max / XR
・iPhone X
・iPhone 8 / 8 Plus

iOS 16がサポートするiPhone

iOS 16は2017年9月発売のiPhone 8/8 Plusもサポートすることになっている。発売から5年を経過しているが、まだ現役で利用している人も多いだろう(写真はApple公式サイトより転載)

「iOS 16」にアップデートする前に準備すべきこと【まとめ】のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiOS 16iPhoneiPhone 14パソコン/スマホの設定方法】の最新ニュースをいち早くお届けします。