iPhoneアップデートちょっと待った、iOS 15の不具合と対処方法まとめ

2021年9月21日、iPhoneの最新OS「iOS 15」がリリースされた。さっそくアップデートした人も多いと思うが、SNS上ではLINEの通知が遅い、バッテリーの消耗が激しいなど、さまざまな不具合が報告されている。そこで今回は、iOS 15の不具合にどんなものがあるのか? どうやって対処すればいいかをまとめて解説しよう。もしかすると、まだアップデートしないほうがいいかも!

iOS 15へのアップデートで不具合が多発!

(Image:Creativan / Shutterstock.com)

5年以上前に発売されたiPhone 6sや第1世代SEまで適用されることで話題となったiOS 15が、ようやく2021年9月21日にリリースされた。iOS 15の新機能については→こちらで確認してほしいが、どうやらiOS 15にアップデートすると、LINEの通知が遅くなったりインスタの動作が重くなる、バッテリーの消耗が激しいといった、さまざまな不具合がSNS上で報告されている。

そこでここでは、現状、iOS 15にどんな不具合があるのか? そして、どうやって対処すればいいかをまとめて解説しよう。もし、自分のiPhoneをまだiOS 15にアップデートしていないなら、少し様子を見たほうがいいかもしれないぞ!

(Image:Alexey Boldin / Shutterstock.com)

iPhone 6sやiPhone SE(第1世代)などにも適用できるiOS 15だが、アップデードはまだしないほうがいいかもしれない……

【1】「プライベートリレー」による不具合が多発!

iOS 15で新たに搭載された「プライベートリレー」は、iCloud+のプライバシー保護機能で、Webブラウザ「Safari」を利用したときの閲覧履歴や接続元情報(IPアドレス)が匿名化される。つまり、プライベートリレーをオンにしておけば、ユーザーがどんなWebサイトにいつアクセスしたかといった追跡ができなくなるのである。しかし、このプライベートリレーが、携帯キャリアへの不具合を誘発させているのだ。

すでに携帯キャリア各社は、プライベートリレーについて注意喚起を行っている。ドコモは「dアカウントメニューの2段階認証やパスワード確認などができない」、auでは「世界データ定額が利用できない」、ソフトバンクでは「動画SNS放題でデータ量を消費」。楽天モバイルでは「Rakuten Linkやmy 楽天モバイルの利用時のデータ量が無料にならず課金対象になる」など、かなり大きな影響が出ているようだ。いずれのトラブルも、プライベートリレーの設定をオフにすれば回避できるので、具体的な対処方法については→こちらで確認してほしい。

■プライベートリレーでの不具合
【ドコモ】
・dアカウントメニューの一部が利用できない
(パスワードの確認・2段階認証の設定・dアカウント利用履歴・ログイン通知/ログイン情報詳細・ID発行・ID/パスワードを忘れた方)

【au】
・世界データ定額が利用できない
・フィルタリングが利用できない

【ソフトバンク】
・動画SNS放題 対象サービスのデータカウントフリー対象外となる
・フィルタリングが利用できない

【楽天モバイル】
・Rakuten Linkの利用でデータ通信が課金対象に
・my 楽天モバイルの利用時のデータ通信が課金対象に

(Image:network.mobile.rakuten.co.jp)

多くの携帯キャリアのサービスでプライベートリレーによる不具合が発生しているが、プライベートリレーをオフにすれば解消できる(画像は楽天モバイル公式サイトより引用)

【2】ストレージの空き容量があるのに「残りわずか」と警告が出る

iPhoneのストレージ容量を使いすぎると、通常「iPhoneの空き容量が残りわずかです」と警告が表示されるが、iOS 15にアップデートすることで、iPhoneの空き容量が十分にある場合でも、なぜか「iPhoneの空き容量が残りわずかです」と警告が出ることがあるようだ。

これはおそらくiOS 15のバグで、Appleのサポートでは、再起動すれば直るとアナウンスされているが、実際にはこの警告が消えることはないという。もし、このような警告が表示された場合は、次のアップデートまで待つしかないだろう。

iPhoneのストレージ容量の空きが十分にあっても、iOS 15のバグで「空き容量が残りわずかです」と警告されることがあるそうだ

【3】バッテリーの減りが異常に早くなった!

iOS 15にアップデートしたことで、バッテリーの減りがかなり早くなったという人が多いようだ。これはあくまでも個人の感想であり、具体的にどのくらい減るのか定かではない。もしかすると、機種やバッテリーのヘタリ具合で感じ方が違うのかもしれないので、今のところこれに関する解決策はない。

iPhoneのバッテリーは「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態」で確認することができるので、各自でiOS 15にアップデートする前と後で違うのか確認してみよう。

(Image:Primakov / Shutterstock.com)

確定的なことは言えないが、iOS 15にアップデートしたことで、バッテリーの減りが早くなったと感じた人は多いようだ

【4】iPhone本体以外にもSNSアプリでの不具合も発生!

iOS 15へのアップデートではiPhone本体だけでなく、SNSアプリへの影響も出ているようだ。まず、「LINE」では通知が来てから実際にメッセージが表示されるまでの間隔が遅くなったという人が多い。逆に、プッシュ通知が届かず、LINEのメッセージ画面を見て初めてメッセージが届いていることに気づく場合もあるらしい。なかにはApple Watchに通知が来なくなったという人も……。

また、「Twitter」でも通知に関する不具合が見られるほか、iOS 15にアップデートしたあと、Twitterがログアウトされているという現象も報告されている。さらに「Instagram」では、アプリの動作が重くなったと感じる人が多いようだ。

いずれもiOS 15のバグと思われるが、現状ではこれといって解決策がない。とりあえずアプリを再起動する程度しか方策がないので、早期にアップデートされるのを待つしかないだろう。

今やLINEは日常生活に欠かせない通信手段だ。通知やメッセージの表示に不具合があると、かなり厄介なことになる

iOS 15の不具合が直らないときの対処方法は?

すでにiOS 15にアップデートして不具合が出た場合はどのように対処すればいいのだろうか? まずはiPhone本体を再起動してみよう。iPhone SE(第2世代)/8/7/6では、サイドボタンを電源オフスライダが表示されるまで長押しし、スライダをドラッグすれば電源が落ちるようになっている。

あとは、少し待ったあとに電源ボタンを長押しして起動すればいい。iPhoneを再起動することで不具合が解消される場合がある。iPhoneの再起動手順に関しては→こちらで確認しよう。

もし、iPhoneを再起動しても不具合が直らない場合は、iPhoneを工場出荷状態に戻す方法もある。しかし、すべての設定やデータがリセットされるので、事前に必ずバックアップを取ってから実行しよう。iPhoneを初期化する方法は→こちらを参考にしてほしい。なお、工場出荷状態でリセットしてもiOS 15の不具合が改善されない場合も考えられるので、必ず自己責任で実行してほしい。

iOS 15のバグの場合は、工場出荷状態でリセットしても不具合が直らないケースもある。最悪の場合は次のアップデートまで待つしかないかも……

iOS 15にアップデートしないという選択肢も!

いかがだろうか? 未確認の情報も含めて現状ではiOS 15にアップデートすることで何らかの不具合が発生する可能性が高い。もし、まだiOS 15にアップデートしていないのなら、次のアップデートが発表されるまではiOS 15にアップデートせず、当分の間iOS 14.8のまま使い続けるほうがいいかもしれない。

※サムネイル画像(Image:rafapress / Shutterstock.com

iPhoneアップデートちょっと待った、iOS 15の不具合と対処方法まとめのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiOS 15iPhone】の最新ニュースをいち早くお届けします。