iPhone 14発表もSNSでは“高杉晋作”(高すぎ新作)の声続出!

ついに発表されたiPhoneの新機種「iPhone 14」。筐体の大きな変化としては、「mini」シリーズが廃止となって、常のiPhone 14より大きな「iPhone 14 Plus」が登場したことや、「Pro」シリーズでは画面上部のノッチが廃止となり横長のパンチホール化したことだろう。

そして“すごくなった”のは筐体だけでなくお値段もだ…。今回は、そのようなiPhone 14の価格や、検討すべき他機種についてお伝えしていきたい。

待ちに待ったiPhone 14発表も「“高杉晋作(高すぎ新作)”…」の声が続出

ついにiPhoneにパンチホール型が採用された

ついにiPhoneにパンチホール型が採用された(画像は「Apple」公式サイトより引用)

9月8日に発表されたiPhone 14シリーズは、9日21時から予約注文が解禁となり、iPhone 14・「iPhone 14 Pro」・「iPhone 14 Pro Max」は16日に、iPhone 14 Plusは10月7日に発売となる。

iPhoneファンであれば、予約解禁とともに即座に確保して、発売日当日にゲットしたいと思うのもわからなくはない。しかし、そこでネックとなってくるのが、年々高騰している価格だ。

一番手頃な価格のiPhone 14(128GB)であっても119,800円(税込、以下同)と、10万円をゆうに超えてくる。上位機種のiPhone 14 Proは128GBで149,800円、最も高価なiPhone 14 Pro Max(1TB)になると239,800円にもなる。現在の新卒初任給は平均23.6万円(2022年4月発表、Job総研調べ)だが、額面の給与よりも高いiPhoneとなってしまった。ここまで来ると、購入するのは、とても熱心なiPhoneファンばかりで、ライトなファンはなかなか手を出しづらいのではないだろうか。

ネット上からも「iPhone高杉晋作やろ」「お高いね…まだ8で戦えますか…」「機能が増え価格が上がって…買えない」といったユーザーの声がみられた。“高すぎ(高杉)”る価格がネックとなって“新作(晋作)”への機種変を断念するユーザーも一定数いそうだ。

iPhone 14発表もSNSでは“高杉晋作”(高すぎ新作)の声続出!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhoneiPhone 14】の最新ニュースをいち早くお届けします。