「mini」人気は日本だけ?iPhone 12 mini販売終了にSNSでは嘆き続出!

日本時間の9月8日に明らかになった「iPhone 14」シリーズの詳細。一部アナリストの報告通りProシリーズにはiPhone初のパンチホールが採用され、iPhone 14の大型機種となる「iPhone 14 Plus」も登場した。

しかし一方で小型のボディが特徴的だったmini機種が廃止となりiPhoneの大型化にさらに拍車がかかったようだ。今回はそんなiPhoneのmini機種の置かれた状況についてお伝えしていきたい。

iPhone 14ではminiに代わり大型のPlusが登場

iPhone 14ではminiに代わり大型のPlusが登場

iPhone 13のページでもiPhone 14シリーズを推している(画像は「Apple」公式サイトより引用)

9月8日にアップルが発表したiPhone 14シリーズは、「iPhone 14」と「iPhone 14 Plus」、「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」という4種類のラインナップとなった。多くのiPhoneユーザーがお気づきのように、スタンダードモデルよりも小型のminiが無くなり、大画面化したPlusが登場している。

加えて、新作の登場とともにAppleは「iPhone 11」「iPhone 12 mini」「iPhone 13 Pro・Pro Max」の販売を終了したようだ。これによりiPhone 11シリーズはアップルのサイトでの案内は無くなり、「iPhone 12」シリーズは通常の機種のみ。2021年発売の「iPhone 13」シリーズもスタンダードなiPhone 13とminiのみが販売されている状態だ。

これは憶測ではあるが今回の過去機種の取扱いの変更は、mini機種をiPhone 13一本に絞って生産の効率化を図りつつ、アップルがメインに位置づけるProシリーズは最新機種での売上を伸ばすため過去機種を廃止したのかもしれない。

「mini」人気は日本だけ?iPhone 12 mini販売終了にSNSでは嘆き続出!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhoneiPhone 12 miniiPhone 13 miniiPhone 14】の最新ニュースをいち早くお届けします。