iPhoneとAndroidどっちが好き? 年代が上がるほど「Androidが好き」が増加【LINEリサーチ調べ】

現在、日本でも世界でもスマートフォン業界はiOS搭載のiPhoneとAndroid OS搭載のAndroidスマホの2大勢力がシェアの大半を占めている。世界的な割合としてはAndroidスマホが7割強、iPhoneが3割弱(Statcounterによる2022年8月データ)と圧倒的にAndroidスマホ優勢なのだが、日本国内では以前から「iPhoneのほうが人気」と言われているがはたして…。

今回は、iPhoneとAndroidスマホの人気調査についてお伝えしていきたい。

iPhoneとAndroidスマホ、好きなのはどっち?

iPhoneとAndroidどっちが好き?

iPhone人気は揺るがない(LINE株式会社「LINEリサーチ」調べ)

「いま自分が使っているスマホとは関係なく、iPhoneとAndroidのどちらが好きか」という質問では、回答者全体で「iPhoneが好き」(48%)「どちらかといえばiPhoneが好き」(13%)の回答が6割を超えた。また「Androidが好き」(21%)「どちらかといえばAndroidが好き」(17%)と、Androidスマホ派は4割に満たず。やはり日本はiPhoneファンが多数派であることが改めて明らかとなった。

年代別で見てみると、若年層ほどiPhoneの支持が高いことがわかる。「10代」ではiPhone派が8割に届かんばかりの勢いだ。一方で、20代、30代を境に年代が上がるほど「どちらかといえばAndroidが好き」「Androidが好き」の割合が高くなっており、40代以降は40%以上に。

また、Androidスマホ派では「好き」と「どちらかといえば好き」が半々だが、iPhone派は「好き」が圧倒している点も印象的だ。もしかすると、iPhone派は「iPhoneがいい」と指名買いしているのに対して、Androidスマホ派は「手ごろな価格だからとりあえずAndroidスマホを使っている」という層も多いのかもしれない。これもiPhoneというブランドの人気が確立していることの証と言えそうだ。

iPhoneとAndroidどっちが好き? 年代が上がるほど「Androidが好き」が増加【LINEリサーチ調べ】のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidiPhone】の最新ニュースをいち早くお届けします。