【Windows 11】クラシックスタートメニューに戻す方法!

Windows 10からWindows 11へアップグレードした場合、スタートメニューの仕様が大きく変更されているため、使いにくいと感じている人も多いだろう。そこで今回は、Windows 11のスタートメニューをクラシックに戻す方法について解説していく。

【Windows 11】クラシックスタートメニューに戻す方法

【Windows 11】クラシックスタートメニューに戻す方法

Windows 10からWindows 11へアップグレードした場合、追加された機能も多いが、まず感じるのはスタートメニューの仕様が大きく変更されていることだろう。Windows 10とは違いWindows 11では、タスクバーの中央にスタートメニューが配置されており、見慣れないソフトも配置されている。

このことから、Windows 11を使い慣れるまでに時間もかかるため、操作するのにストレスを感じる人も少なくない。しかし、パソコンの設定を変更することで、使い慣れたメニューでの操作が可能になるのだ。そこで今回は、Windows 11のスタートメニューをクラシックスタートメニューに戻す方法について解説していく。

【方法①】Windowsマーク+Rを押して「ファイル名を指定して実行」ウィンドウを開く

Windows 11のスタートメニューをクラシックスタートメニューに戻す方法①は、Windowsマーク+Rを押して「ファイル名を指定して実行」ウィンドウを開くことだ。「ファイル名を指定して実行」ウィンドウは、キーボードにある「Windowsキー」と「Rキー」を同時に押すことで起動できる。

【方法②】regedit入力しレジストリエディタを開く

Windows 11のスタートメニューをクラシックスタートメニューに戻す方法②は、gedit入力しレジストリエディタを開くことだ。

regedit入力しレジストリエディタを開く

「Windowsキー」と「Rキー」を同時に押すと、「ファイル名を指定して実行」画面が表示されるので、「regedit」と入力して、「OK」をクリックする

そうすると、「ユーザーアカウント制御」の画面が表示されるので、「はい」をクリックする。

【方法③】HKEY_CURRENT_USERSoftwareMicrosoftWindowsCurrentVersionExplorerAdvancedをアドレスボックスにコピペ

Windows 11のスタートメニューをクラシックスタートメニューに戻す方法③は、HKEY_CURRENT_USERSoftwareMicrosoftWindowsCurrentVersionExplorerAdvancedをアドレスボックスにコピペすることだ。「ユーザーアカウント制御」の画面で、「はい」をクリックすると、「レジストリエディタ」の画面が表示される。

「レジストリエディタ」の画面

「レジストリエディタ」の画面が表示されたら、アドレスボックスに「HKEY_CURRENT_USERSoftwareMicrosoftWindowsCurrentVersionExplorerAdvanced」をコピペして、「Enterキー」を押す

【方法④】レジストリエディタがアドバンストフォルダに移動

Windows 11のスタートメニューをクラシックスタートメニューに戻す方法④は、レジストリエディタがアドバンストフォルダに移動することだ。「HKEY_CURRENT_USERSoftwareMicrosoftWindowsCurrentVersionExplorerAdvanced」をコピペして、「Enterキー」を押すと、レジストリエディタがAdvancedフォルダに移動する。

【方法⑤】保存されたWindows値のリストが表示

Windows 11のスタートメニューをクラシックスタートメニューに戻す方法⑤は、保存されたWindows値のリストが表示されることだ。レジストリエディタがAdvancedフォルダに移動すると、Advancedフォルダに保存されたWindows値のリストが表示される。

【方法⑥】一番下までスクロールしStart_ShowClassicModeをダブルクリック

Windows 11のスタートメニューをクラシックスタートメニューに戻す方法⑥は、一番下までスクロールし、Start_ShowClassicModeをダブルクリックすることだ。AdvancedフォルダにWindows値のリストが保存されたら、画面を下にスクロールして、「Start_ShowClassicMode」をダブルクリックする。

【方法⑦】Start_ShowClassicModeが表示されたらValue dataを0→1に変更

Windows 11のスタートメニューをクラシックスタートメニューに戻す方法⑦は、Start_ShowClassicModeが表示されたらValue dataを0→1に変更することだ。Start_ShowClassicMode」をダブルクリックすると、ウィンドウ画面が表示されるので、Value dataの値を「0」から「1」に設定を変更する。

【方法⑧】OKをクリックして設定を保存しシステムを再起動

Windows 11のスタートメニューをクラシックスタートメニューに戻す方法⑧は、OKをクリックして設定を保存し、システムを再起動することだ。Value dataの値を「0」から「1」に設定を変更したら、「OK」をクリックする。

そして、「×」をクリックして、レジストリエディタの画面を閉じたら、パソコンを「再起動」する。そうすれば、クラシックスタートメニューに戻すことができる。

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

【Windows 11】クラシックスタートメニューに戻す方法!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindows 11Windows 11の使い方クラシックモードスタートメニューパソコン/スマホの設定方法】の最新ニュースをいち早くお届けします。