【注意】Windows 10の「バージョン21H1」は22年12月以降、危険な状態に!

今も多くのパソコンで使われているWindows 10は、2025年10月まで利用できます。しかし、すべての人が安全に使えるわけではないことはご存じでしょうか? 実は、Windows 10の「バージョン21H1」は2022年12月13日でサービスが終了してしまい、それ以降は危険な状態になってしまうのです。そこで今回は、Windows 10を今後も安全に使うにはどうしたらいいのか解説しましょう。

Windows 10「バージョン21H1」は12月13日でサービス終了!  

すでに最新版のWindows 11がリリースされていますが、引き続きWindows 10も2025年10月まで継続して利用できるのはご存じでしょう。

パソコンがWindows 11のアップデートに対応していない、あるいは使い慣れたWindows 10で十分と考えている人も多いはずです。

しかし、定期的にアップデートしていないとWindows 10をずっと安全に使えるわけではありません。まずは、Windows 10のサポート状況について、こちらの記事で確認してみてください。

意外と知られていませんが、2021年5月にリリースされたWindows 10の「バージョン 21H1」は、2022年12月13日にサービスが終了されてしまい、それ以降は危険な状態になってしまいます。

【Windows 10のバージョンとサポート終了日】

・Windows 10 HomeおよびPRO(2015年7月29日)→提供終了日2025年10月14日
・Windows 10 Version 21H1(2021年5月18日)→サポート終了日2022年12月13日
・Windows 10 Version 21H2(2021年11月16日)→サポート終了日2023年6月13日

※Home/Pro/Pro EducationおよびPro for Workstationsの場合

サービスが終了されたバージョンでは、セキュリティ更新プログラムが供給されないので、ウイルスに感染する確率が高くなり、安全に利用することができなくなってしまうのです。

2022年9月15日には、Microsoft公式サイトでもWindows 10ユーザーに対して注意喚起を促していますのでご注意ください。

●Microsoft「Windows 10, version 21H1 end of servicing」→こちら

Microsoft「Windows 10, version 21H1 end of servicing」

こちらはMicrosoft公式サイトの注意喚起ページ。「バージョン21H1」は2022年12月13日にサービスを終了すると書かれている(画像はMicrosft公式サイトより転載・英語ページを日本語翻訳してあります)

今すぐWindows 10「バージョン21H2」にアップデートしよう!

それでは、引き続きWindows 10を安全に利用するには、どうすればいいのでしょうか?

その答えは簡単です。Windows 10を最新の「バージョン 21H2」などに、アップデートしておけばいいのです。これで少なくとも、2023年6月13日まではサポートを受けられます。

●Microsoft「Windows 10 バージョン 21H2」→こちら

実際に、Windows 10「バージョン21H2」へアップデートする方法はこちらの記事で詳しく解説していますので確認してください。

自分のWindows 10が「バージョン 21H1」以前なら、今すぐ「バージョン 21H2」にアップデートしておこう。これで2023年6月までは安全に利用できる

まとめ

いかがでしょうか? Windows 10を長く使いたいなら、常に最新版にアップデートしておく必要があることをご理解いただけたでしょう。

ちなみに、Windows 10の最新版となる「バージョン 22H2」は2022年10月にリリースされる見込みです。リリースされたら、すぐにアップデートしておきましょう。

すずきあきら
編集・ライター。パソコン通信時代からネットワークに接しWi-Fiやインターネット、SNSなどに精通。30年に渡って、パソコンやスマホ関連のムック本や雑誌記事を手がけてきた大ベテラン。最近は格安SIMなどのケータイ料金やアプリ、通信費全般の記事を執筆することが多い。

【注意】Windows 10の「バージョン21H1」は22年12月以降、危険な状態に!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネス21H122H2Windows 10Windows 10の使い方アップデート】の最新ニュースをいち早くお届けします。