iPhoneをiOS 16にアップデートできない! 6つの原因と対処方法を解説

2022年9月13日、iPhoneの最新OS「iOS 16」がリリースされました。すでにアップデートした人も多いと思いますが、何らかの理由でiOS 16にアップデートできない人もいるようです。そこで今回は、iOS 16へのアップデートが上手くいかない6つの原因と対処方法を紹介しましょう。

なぜ、iOS 16へのアップデートができないのか?

2022年9月13日、iPhone 14の発売に合わせて最新のiOS 16がリリースされました。

iOS 16は年に1回行われるメジャーアップデートなので、不具合の修正だけでなく新機能が追加されるため、早くアップデートしたい人も多いことでしょう。iOS 16の新機能については、こちらの記事を確認してください。

しかし、iPhoneの「設定」の「ソフトウェア・アップデート」画面にiOS 16アップデートが表示されない。あるいは、iOS 16にアップデート中にトラブルに見舞われてしまう場合もあります。

そこで今回は、iOS 16のアップデートができない6つの原因を紹介するとともに、その対処方法を詳しく解説していきます。

iOS 16へアップデートができない原因

通常、iOS 16へのアップデートは「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」を開き(左写真)、画面下に表示された「iOS 16にアップグレード」をタップすればいい(右写真)

【原因1】そもそもiPhoneがiOS 16に非対応の機種である

そもそもiOS 15のiPhoneであっても、必ずしもiOS 16にアップデートできるとは限りません。

まずは、自分のiPhoneがiOS 16へのアップデートに対応しているかどうか確認してみましょう。非対応機種の場合は「iOS 15.7」にしかアップデートできません。

【対処方法1】iOS 16対応機種か確認する

iOS 16に対応するのはiPhone 8以降の機種です。iPhone 7や6s、SE(第1世代)などは、iOS 16にはアップデートできません。

どうしてもiOS 16を利用したいなら、iPhoneを「8」以上の新しい機種に買い替えるしかないでしょう。

■iOS 16に対応する機種
iPhone 14 / 14 Plus / 14 Pro / 14 Pro Max
iPhone 13 / 13 mini / 13 Pro / 13 Pro Max
iPhone 12 / 12 mini / 12 Pro / 12 Pro Max
iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Max
iPhone XS / XS Max / XR / X
iPhone 8 / 8 Plus
iPhone SE(第2世代/第3世代)

※iPhone 14 Plusは2022年10月7日発売予定

■iOS 16に非対応な機種
iPhone 7 / 7 Plus / 6s / 6s Plus / SE(第1世代)など

【対処方法1】iOS 16対応機種か確認する

iOS 16は2017年9月発売のiPhone 8 / 8 Plusまでサポートされるが、iOS 15対応のiPhone 7やiPhone 6s / 6s Plus、iPhoneSE(第1世代)などは、非対応となっている(写真はApple公式サイトより転載)

iPhoneをiOS 16にアップデートできない! 6つの原因と対処方法を解説のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiOSiOS 16iPhoneiPhoneの使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。