【Windows 11】UEFIセキュアブートを有効にする方法を解説!

Windows 10からWindows 11へアップグレードする場合は、パソコンのセキュアブートが有効になっていないと、アップグレードはできない。そこで今回は、Windows 11へアップグレードするために、セキュアブートを有効にする方法について解説します。

【Windows 11】UEFIセキュアブートとは

【Windows 11】UEFIセキュアブートとは(Image:Curt Bauer / Shutterstock.com)

Windows 10からWindows 11へアップグレードする場合は、パソコンのセキュアブートが有効になっていないと、Windows 11へのアップグレードはできない。では、セキュアブートとは一体どういった機能なのだろうか。そこでここでは、セキュアブートとはどのような機能なのかを解説します。

・信頼できるソフトウェアコンポーネントのみを使用できるシステム環境

セキュアブートとは、パソコンを起動する際に安全性を高めるためのセキュリティ機能になっている。そして、デジタル署名があるOSのみ起動できるようにするものであり、信頼できるソフトウェアコンポーネントのみを使用できるシステム環境のことである。このことから、パソコンを安全に起動できるようになるのだ。

・各装置を制御するオペレーティングシステム(OS)とファームウェアの間で働く

セキュアブートは、UEFIの機能の1つになっている。そして、UEFIとは、各装置を制御するオペレーティングシステム(OS)とファームウェアの間で働くものである。また、UEFIは、Unified Extensible Firmware Interfaceの略になっており、BIOSに代わるファームウェアの仕様として、BIOSよりも大幅に機能を強化できる。そして、このUEFIのセキュアブートを有効にすることで、より安全にパソコンを起動できる。

【Windows 11】UEFIセキュアブートを有効にする方法

Windows 10からWindows 11へアップグレードするために、UEFIのセキュアブートを有効にする方法について解説していく。そして、Windows 10からWindows 11へアップグレードするために、UEFIのセキュアブートを有効にする前に、Windows 11へのアップグレードに必要なシステム要件を満たしているかを確認する必要がある。

アップグレードに必要なシステム要件を満たしているか確認する方法は、Microsoftが提供している「Windows PC 正常性チェックアプリ」で確認することだ。そして、Microsoftが提供している「Windows PC 正常性チェックアプリ」で確認する方法は、「Windows PC 正常性チェックアプリ」にアクセスする。

【Windows 11】UEFIセキュアブートを有効にする方法1

「Windows PC 正常性チェックアプリのダウンロード」をクリックする

【Windows 11】UEFIセキュアブートを有効にする方法2

「インストーラー」をダブルクリックする

【Windows 11】UEFIセキュアブートを有効にする方法3

「インストーラー」をダブルクリックしたら、契約書を確認して「使用許諾契約書に同意します」にチェックを入れて「インストール」を選択する

【Windows 11】UEFIセキュアブートを有効にする方法4

Windows PC 正常性チェックアプリのインストールが完了し、上のような画面を確認したら、「完了」をクリックする

【Windows 11】UEFIセキュアブートを有効にする方法5

「完了」をクリックすると、アプリが起動し「PC 正常性を一目で確認」という画面が表示されるので、「今すぐチェック」をクリックする

そうすると、確認結果が表示される。「このPCは現在、Windows 11システム要件を満たしていません」の画面が表示された場合、Windows 11へのアップグレードはできない。

そして、確認結果の画面で、「PCはセキュアブートをサポートしている必要があります」という表示があった場合は、セキュアブートが無効になっているため、セキュアブートを有効にする必要がある。

他にも、確認結果の画面では、「TPM2.0が有効になっているか」/「プロセッサがWindows 11用にサポートされているか」/「システムメモリが不足していないか」が確認できるようになっている。

【方法①】PC起動/再起動しEscキーかF1キーを押して BIOSを表示

Windows 10からWindows 11へアップグレードするために、UEFIのセキュアブートを有効にする方法①は、パソコンを起動/再起動し、EscキーかF1キーを押して BIOSを表示することだ。UEFIのセキュアブートは、BIOSの画面から有効にできるようになっている。

パソコンを起動/再起動したら、キーボードの「Escキー」もしくは「F1キー」を押す。そうすると、BIOSの画面が表示される。また、BIOSの画面はパソコンが起動した状態からも表示できる。

パソコンが起動した状態で、BIOSの画面を表示させる方法は、パソコンの画面左下にある「スタートボタン」→「設定」→「更新とセキュリティ」をクリックする。

【方法①】PC起動/再起動しEscキーかF1キーを押して BIOSを表示

画面左側にある「回復」を選択し、「PCの起動をカスタマイズする」のところにある「今すぐ再起動」をクリックする

「今すぐ再起動」をクリックすると、パソコンが再起動し、「オプションの選択」画面が表示されるので、「トラブルシューティング」をクリックする。次に、「詳細オプション」→「UEFIファームウェアの設定」をクリックする。

そうすると、「UEFIファームウェアの設定」画面が表示されるので、画面右下にある「再起動」をクリックすると、パソコンが再起動し、BIOSの画面が表示される。

【方法②】Securityのタブに移動

Windows 10からWindows 11へアップグレードするために、UEFIのセキュアブートを有効にする方法②は、Securityのタブに移動することだ。BIOSの画面が表示されたら、画面上部に「Mainタブ」/「Configタブ」/「Date/Timeタブ」/「Securityタブ」/「Startupタブ」が表示されているので、その中から「Securityタブ」を選択する。

【方法③】Secure Bootの項目でSecure BootをEnabledに変更

Windows 10からWindows 11へアップグレードするために、UEFIのセキュアブートを有効にする方法③は、Secure Bootの項目でDisabledをEnabledに変更することだ。「Securityタブ」を選択すると、「Secure Boot Configuration」の画面が表示される。そして、一覧の中にある「Secure Bootの項目」を「Disabled」から「Enabled」へ変更する。

【方法④】変更した設定を保存

Windows 10からWindows 11へアップグレードするために、UEFIのセキュアブートを有効にする方法④は、変更した設定を保存することだ。「Secure Bootの項目」を「Disabled」から「Enabled」へ変更したら、「保存」をクリックする。

【Windows 11】UEFIセキュアブートを有効にする方法を解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindows 11Windows 11の使い方セキュアブート】の最新ニュースをいち早くお届けします。