iPhone 13、iPhone SE3もiPhone 14シリーズに続き日本が世界最安値に【MM総研調べ】

ICT市場調査コンサルティングのMM総研が、世界37の国や地域を対象に、iPhoneの販売価格を調査を行い、その調査結果が10月5日に公開された。日本でのiPhoneの販売価格は、他の地域から見てどれほど安いのか? どれほど高いのか? また、「iPhoneの販売価格」は「iPhoneの購入のしやすさ」に影響するのか? まずは、MM総研の調査結果から見ていこう。

37の国・地域の中で日本のiPhone販売価格は何番目?

界のiPhone 14シリーズ販売価格(2022年9月時点)

世界のiPhone 14シリーズ販売価格(2022年9月時点)なお、最高額は、トルコの238,454円(「MM総研」調べ)

調査の対象となったのは、2022年9月16日に発売開始となった「iPhone 14」(128GB)、「iPhone 14 Plus」(256GB)、「iPhone 14 Pro」(512GB)、「iPhone 14 Pro Max」(1TB)の4モデルに加え、2021年発売の「iPhone 13」(128GB)と「iPhone SE(第3世代)」(64GB)の計6モデル。2022年9月12日時点の為替レートに基づき円換算し、比較分析が行われている。

調査の結果、iPhone 14シリーズの4モデルはすべて、37の国・地域の中で日本が最安となったことがわかった。さらに、iPhone 13・iPhone SE(第3世代)両者は7月の価格改定の際に最安の座からは退いていたが、今回の調査結果では、再び最安値に躍り出ていたこともあわせて判明した。

iPhone 14シリーズだけなく、iPhone 13、iPhone SE3最安に

世界のiPhone 13の販売価格

世界のiPhone 13の販売価格、日本が平均額よりも下回っていることがわかる(「MM総研」調べ)

世界のiPhone SE3の販売価格

世界のiPhone SE3の販売価格、iPhone SE3でも同様に最安値という結果に(「MM総研」調べ)

さて、同調査では、37の国や地域の中で、日本のiPhone販売価格が最安だということがわかったわけだが…。しかし、違和感を覚える方も中にはいることだろう。iPhone 14シリーズが発売された際、一部では「高い!」と話題になった。「iPhoneは高い買い物」という認識を持っている日本在住者は、筆者だけではないはずだ。iPhone販売価格は日本が最安、という事実が、どうもピンとこない。そのような方にこそ、ぜひご覧になっていただきたいのが次の話題だ。

iPhone指数(平均賃金に占めるiPhone 14価格)

iPhone指数(平均賃金に占めるiPhone 14価格)日本は2.6%、買いやすさを他国と比べると日本は18番目だった(「MM総研」調べ)

国や地域で異なる通貨や価格設定となるiPhone。iPhoneの購入のしやすさを比較するために、「iPhone指数」というものも同調査では算出されている。「iPhone指数」は、iPhone 14価格が平均賃金に占める比率のことを指している。気になる結果はというと、日本のiPhone指数は2.06%。37の国・地域の中で18番目だ。販売価格は最安でありながら、手に入れやすさは、真ん中あたりの立ち位置なのである。

為替相場の変動によっては、さらなる価格改定もあり得るだろうiPhone。もしも高額化が進めば、iPhoneシェアも落ちるのだろうか…。だが、昨今の中古スマートフォン市場の盛り上がりや、古い機種の下取りサービス充実化を見るに、iPhoneシェアの維持・拡大の可能性もまだまだ見込めるだろう。

出典元:日本のiPhone販売価格は世界37の国・地域の中で最安【MM総研

※サムネイル画像(Image:Ringo Chiu / Shutterstock.com)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

iPhone 13、iPhone SE3もiPhone 14シリーズに続き日本が世界最安値に【MM総研調べ】のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhoneiPhone 13iPhone SE3iPhoneの話題】の最新ニュースをいち早くお届けします。