SNSは幸福度を上げると判明! 影響を与える 2位はTwitter、1位は?【Upmind調べ】

SNSを全まったく利用していないという人は希少なのではないか…という昨今、SNSが幸福度を上げるという調査結果が出た。SNSというと、若者のSNS離れといった言葉を耳にすることもあったが、上手な付き合い方ができるようになってきたのかもしれない。最も幸福度を上げるSNSは「インスタ」で、2位は「ツイッター」、3位は「Tik Tok」、4位は「LINE」、5位は「FB」との結果だった。

SNSは幸福度を上げるという調査結果が そのランキング1位は「インスタ」!

SNSで自身に与える影響とは?

SNSは自己肯定感を下げるという経験は、誰しも少なからず身に覚えがあるのではないだろうか。だがそのような失敗を乗り越えて、うまくSNSを利用している人が増えている印象だ(「Upmind株式会社」調べ)

今や切っても切り離せないほど、生活に根差しているSNS。若者のSNS離れやSNS疲れ…などという言葉が聞こえてきたこともあったが、マインドフルネスアプリ「Upmind」を利用しているユーザーの中から1709人を対象に「SNSによるメンタルヘルスの影響」を調査した結果、39.2%と約4割が「幸福度を上げている」と回答し、20.7%が「幸福度を下げている」としており、幸福度を感じている人が多くいる。

また、別の質問で、「過去にSNSを利用していて自己肯定感が下がったと感じた経験はありますか?」に「はい」と「いいえ」と答えた人が半数ずつだったこともあり、マイナスの経験をしている人が少なくないこともうかがえるが、これはどういうことなのだろう。

SNSは幸福度を上げると判明! 影響を与える 2位はTwitter、1位は?【Upmind調べ】のページです。オトナライフは、【SNSFacebookInstagramLINESNSTikTokTwitter】の最新ニュースをいち早くお届けします。