新型「iPad Pro」値段もスペックもPC並みと話題! – 最上位は37万円、10月26日発売

アップル社は2022年10月18日(現地時間)、新型「iPad Pro」を発表・予約開始した。発売は10月26日。2021年5月の旧世代(「12.9インチiPad Pro(第4世代)」「11インチiPad Pro(第3世代」)製品発売以来、約1年半ぶりの新モデルとなり、さっそく、SNSなどで大きな話題となっている。

プロセッサはMacBook Airにも搭載されている「M2」に刷新され、大幅なパフォーマンスの向上が期待できる。しかし、最上位モデルの価格が372,800円とパソコン並みの価格に驚きの声も上がっている。

M2チップ搭載で本格的な動画編集が可能に?

新型「iPad Pro」

M2チップ搭載でマルチタスクや動画のコーディングもストレスなし(画像は「Apple Storeオンライン」より引用)

新型iPad Proは、12.9インチiPad Pro(第6世代)と11インチiPad Pro(第4世代)の、サイズの違う2種類が同時発売される。ディスプレイの大きさ以外のスペックは同じだ。カメラの性能自体は大きく進化はないものの、前面カメラには被写体が移動したり、他の人がフレームインしたりしても、最適な画角で撮影する機能が追加された。FaceTimeなどをよく使う人にとっては便利になるかもしれない。

また今回、一部のユーザーが注目しているのが、動画編集アプリ「DaVinci Resolve」のiPad版が登場するのでは? ということだ。アップル社の製品ページでは「DaVinci Resolve for iPad」の画像が掲載されているので、プリインストールされている可能性がある。DaVinci Resolveはプロ向けの動画編集ソフト。M2チップ搭載により満を持してiPadにも移植されるようだ。

パソコンを使わずに動画を撮って、すぐに本格的な動画編集が実現できるのは、動画配信に興味を持っている人にニーズがあるかもしれない。また、Apple Pencil(第2世代)を最大12㎜浮かした状態で検知され、ディスプレイに触れる場所が表示される機能が搭載された。この機能でApple Pencilの精度が高まり、新たな使い方が生まれることも期待できる。

新型「iPad Pro」値段もスペックもPC並みと話題! – 最上位は37万円、10月26日発売のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPadiPad Pro】の最新ニュースをいち早くお届けします。