「寝る前スマホ」20~40代女性9割が日常化、心の健康に必要だから!?

布団に入り、「ちょっとだけ…」と画面を見つめたが最後、スマートフォンを見続けてしまい、気づいたら深夜…。そのような「寝る前スマホ」による夜更かしの経験者は少なくないだろう。

いけないことと自覚していながらも、ついつい、してしまいがちな「寝る前スマホ」。しかし、一概にも悪いこととは言えないかもしれない。パナソニック株式会社が行ったアンケート調査によると、回答者のたいていが「寝る前スマホ」をしていることを明らかにした。さらに、ネガティブなイメージのある「寝る前スマホ」を前向きに捉える人も多い、との結果が出たという。

回答者の9割が「寝る前スマホ」を日常化! 寝る前の1時間はスマートフォンに

寝る前スマホは「あと30分」から「あと1時間」へと、延長することがしばしば…

本調査は、スマートフォンを持つ女性20代~40代500名を対象に、インターネット上で2022年9月8日~9日の間、行われたものである。まずは「寝る前スマホ」をしているか質問したところ、驚くべき結果が明らかに。なんと、95.8%もの人が「日常的/習慣的に『寝る前スマホ』をしている」と回答したのだという。この結果は、「寝る前スマホ」がスマートフォン利用者にとっては当たり前の習慣ではないかともいえるため、お風呂や歯磨きといった就寝前のルーティンに数えられる日も遅くないのではないだろうか。

また、「寝る前スマホ」をすると回答した人を対象に、どのくらいの時間を費やすのか調査したところ、「寝る前スマホ」の平均時間は1.4時間であることもわかった。本来ならば、睡眠時間に数えられるべき1時間、と捉えてしまうと少々、貴重なようにも感じられる。本調査でも、「『寝る前スマホ』が夜更かしにつながることがある」と回答したのは88%。

また「寝なければいけないと思うが、『寝る前スマホ』がしたい気持ちも同時にある」ことを74.2%もの人が回答した。睡眠障害につながるリスクを感じながらも、就寝前のスマートフォン利用がやめられない事実を、ネガティブに捉えている人も少なくないといえるだろう。

寝なければいけないと思うが、同時に「寝る前スマホ」がしたい

寝なければいけないと思うが、同時に「寝る前スマホ」がしたい74.2%!大抵の人が寝る前スマホが日常になっているようだ(「パナソニック株式会社」調べ)

「寝る前スマホ」20~40代女性9割が日常化、心の健康に必要だから!?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフAndroidiPhoneスマホ】の最新ニュースをいち早くお届けします。