Nothingのワイヤレスイヤホンear (1)、26日から50ドル値上げでAirPodsと同価格帯に

イギリスのスタートアップ家電メーカー「Nothing Technology」の初代ワイヤレスイヤホン「Nothing ear (1)」が、来週10月26日から値上げされることが発表された。値上げに言及したのはCEOのカール・ペイ氏だ。

製品の質を高めてきた「Nothing ear (1)」

Nothing ear (1)

発売当初はおしゃれで低価格かつ高品質なワイヤレスイヤホンとして話題になった「Nothing ear (1)」(画像は「Nothing Technology」公式サイトより引用)

Nothing Technologyといえば、今年7月に同社初となるスマートフォン「Phone (1)」を発表したことが記憶に新しい。8月には日本でも販売され、900個以上のLEDを搭載したインパクトのある背面など、その意匠性の高いデザインが大いに話題になった。

そのような同社が手がける「Nothing ear (1)」は、2020年に設立された新興家電メーカーである同社が送り出したはじめての製品だ。発売から今までアップデートを繰り返しており、ペイ氏は「発売当初とはまったくの別製品」とその進化を語る。

2022年8月時点では販売数を53万台以上と発表していた「Nothing ear (1)」だが、今回のペイ氏の発表によるとその販売数は約60万台にまで伸びているという。「特別な思い入れがある創業期の製品」だという「Nothing ear (1)」は、ユーザーからの支持も集め続けている製品なのだ。

Nothingのワイヤレスイヤホンear (1)、26日から50ドル値上げでAirPodsと同価格帯にのページです。オトナライフは、【デバイスNothing ear (1)Nothing Phone (1)Nothing Technologyワイヤレスイヤホン】の最新ニュースをいち早くお届けします。