システム要件を満たさないPCでWindows 11「22H2」をアップデートしてみた!

Windows 11はシステム要件を満たしていないパソコンでも、アップグレードできる裏技があります。ところが、そのパソコンではメジャーアップデートの「22H2」が適用できません。一度Windows 11にアップグレードしてしまった以上、やはり、最新の22H2を適用させたいと思う人も多いでしょう。そこで今回は、システム要件を満たしていないパソコンでも22H2を適用させる方法を紹介したいと思います。

システム要件を満たさないパソコンでもWindows 11にアップグレードできるが……

2021年10月にリリースされたWindows 11ですが、意外とシステム要件が厳しく、4~5年前に購入したパソコンでもアップグレードできないことがあります。

しかし、「Rufus」という無料のUSB書き込みツールを利用すれば、わりと簡単にWindows 11のシステム要件チェックを回避して、非対応のパソコンにインストールすることが可能となっています。

このシステム要件を回避する方法はMicrosoftが公式サイトで公開しており、「Rufus」はそれを自動的に行ってくれる便利なツールなのです。

そこで筆者は、Rufusを利用してシステム要件を満たしていない古いパソコンをWindows 11にアップグレードしてみました。詳しい手順はこちらで確認してください。

それから半年が経過し、2022年9月20日にメジャーアップデート「22H2」が公開されました。この22H2ではセキュリティの向上はもちろん、数多くの新機能が搭載されています。22H2の便利機能や仕様変更された部分に関してはこちらの記事が参考になるでしょう。

ところが、システム要件を満たしていないのにWindows 11へアップグレードしてしまったパソコンは、最新のメジャーアップデート「22H2」を適用できないのです。

一旦、Windows 11にした以上、今後も安全に使い続けるには、22H2の適用が欠かせません。そこで今回は、システム要件を満たしていないパソコンでもWindows 11の22H2にアップデートする方法を紹介したいと思います。

Windows 11のシステム要件1

Windows 11のシステム要件は意外と厳しく、筆者の古いパソコンはTPM2.0への対応とCPUが条件を満たしていないと判定されてしまった

Windows 11のシステム要件2

システム要件を回避できるツール「Rufus」を使って、無理やりWindows 11にアップグレードしたものの、最新の「22H2」は適用できないと判定されてしまった。これは困った……

システム要件を満たさないPCでWindows 11「22H2」をアップデートしてみた!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネス21H122H2Windows 11Windows 11の使い方アップデート】の最新ニュースをいち早くお届けします。