思春期の子のスマホ、親が設定しておきたい保護機能とは?

ネットがより身近になり、小学生から高校生の子どもまで当たり前にスマホを持つ現代。ゲームへの過剰な課金やインターネット犯罪被害なども問題視される中、「子どもたちには安全性が高いスマホを持たせたい」と思うのが親心というもの。子どもがトラブルに巻き込まれないためには、はたして、どのようなスマホを選択すればいいのだろうか? また、親が子どものスマホをチェックする機能にどんなものがあるのだろうか?

思春期になったら、“子ども向け”携帯は卒業?

一昔前のスマホがなかった時代は、小学生以下の子ども用に機能を制限した“キッズケータイ”が人気を博していた。しかし最近では、より現代にマッチした“子ども向けスマホ”も販売されている。機能性としては、ネットへのアクセス制限(フィルタリング)や子どもの位置確認、防犯ブザー代わりになるものも。ただ“子ども向け”と名の付く商品は、子どもが思春期の年齢になると、使える機能が少なすぎて物足りなくなることもしばしば…。

とくに中学生・高校生といった多感な時期は、流行に敏感になったり、お友達との関係を大事にしたりする世代。さらに教育現場ではオンライン化がすすんでいるため、学校や塾で勉強用アプリなどを活用する機会が増えてくることも否めない。いつまでも“子ども向けスマホ”ではなく、子どもの成長に合わせて携帯電話の種類を変えていく必要があるようだ。

“子ども向け”スマホを卒業した思春期の子どもには、一般的な携帯電話のiPhoneやAndroidスマホなどを持たせることになりそうだ。しかし、そうなると、今までは制限があって使用できなかった機能を子どもが自由に使えるようになり、親は子どものスマホ使用状況が心配に。そこで、親が子どものスマホをチェックできる「保護機能」というものがある。保護機能とは、いったいどんなものなのだろうか。

子ども向けスマホ、何を選ぶ?(Image:DionVideoProductions / Shutterstock.com)

スマホには把握しきれないほど多機能…子どもがどのような使い方をするのか親は心配になるもの…

思春期の子のスマホ、親が設定しておきたい保護機能とは?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidiPhoneスクリーンタイムファミリー共有】の最新ニュースをいち早くお届けします。