「+Style」のチューナーレスTVが話題! 毎月のNHK受信料2,220円の1年半分で実質無料!?

つい先日の10月11日にNHKは、受信料の不正な未払いに対し、2倍の割増金を請求することを検討していると発表したばかり。スクランブル化への対応が叫ばれている昨今、その実現化の動きが見られないことに対する1つの解決策としてか、チューナーレスTVの販売がネットで話題になっている。「毎月のNHK受信料2,200円の1年半分で実質無料」と、うたった+Styleが販売する43V4KのチューナーレスTVとは、どういったものなのか。

「毎月のNHK受信料2,220円の1年半分で実質無料」と、うたったチューナーレスTV販売

NHK(Image:beeboys / Shutterstock.com)

NHKを視聴しない人は、チューナーレスTV一択という風潮になっていくのだろうか

先日の10月11日に、NHKが受信料の不正な未払いに対し、2倍の割増金を請求することを検討していると発表して、驚いた人が多かったのではないだろうか。対象になるのは「解約」や「免除」を虚偽の内容で届け出た場合など、正当な理由なく期限までに受信契約の申込みをしなかった場合とのこと。

だが、以前からスクランブル化を求める声が高かっただけに、ヤフーニュースでは「加入は強制。解約はできない、それで収めなきゃ2倍徴収。ヤクザのみかじめ料かよ」「テレビを捨てるしかないだろ、こんなの」とのコメントがあり、世間はおおむね、受け入れがたいとの反応だ。

2023年10月から地上波のみの契約で、月額125円の値下げを同時に発表したNHKだが、着手すべきはそこではないとの世間の空気をもう少し真剣にとらえる必要がありそうだ。というのは、チューナーレスTVが「毎月のNHK受信料2,220円の1年半分で実質無料」とのキャッチコピーで販売されて、ネットで話題になっているというのだ。

「+Style」のチューナーレスTVが話題! 毎月のNHK受信料2,220円の1年半分で実質無料!?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフ+StyleAndroid TVNHK受信料チューナーレステレビ】の最新ニュースをいち早くお届けします。