国税がPayPayやd払いなど6種類に対応! 決済方法や手数料について解説

国税局は2022年12月1日より、国税をスマホ専用Webサイト「国税スマートフォン決済専用サイト」で納税できる「スマホアプリ納付」を開始すると発表しました。対応するのはPayPay、d払い、au PAY、LINE Pay、メルペイ、Amazon Payの6種類となっています。そこで今回は、気になる国税のスマホアプリ納付の決済方法や手数料について詳しく解説します。

国税も「Pay払い」で簡単に納付できることに!

今やコンビニでの買い物やレストランでの支払いなどでも、「〇〇Pay」と呼ばれるスマホ決済アプリ(Pay払い)を利用する機会が増えてきましたよね。

そんななか、国税庁は2022年10月24日、国税をスマホ決済(Pay払い)で納税できる「スマホアプリ納付」についての情報を一部公開しました。

実際にスマホアプリ納付ができるのは2022年12月1日からで、スマホ専用Webサイト「国税スマートフォン決済専用サイト」にアクセスすることで、国税をスマホから簡単に納付できます。

ただし、スマホアプリ納付に対応するのは、今のところ「PayPay」「d払い」「au PAY」「LINE Pay」「メルペイ」「Amazon Pay」の6種類となっています。

国税の納付で利用できるPay払いは、「PayPay」「d払い」「au PAY」「LINE Pay」「メルペイ」「Amazon Pay」の6種類となっている(画像は国税庁公式サイトより転載)

なお、スマホ決済が利用できる「国税スマートフォン決済専用サイト」は、国税庁の公式サイトではなく、国税庁長官が指定した納付受託者(GMOペイメントゲートウェイ株式会社)が運営するスマホ決済専用のWebサイトになります。

この「国税スマートフォン決済専用サイト」のURLおよびアクセス方法については、2022年12月1日に総務省の公式サイトにて公開される予定となっていますので、注意しましょう。

●国税庁「[手続名]スマホアプリ納付の手続」は→こちら

こちらが国税庁「[手続名]スマホアプリ納付の手続」ページ。22年12月1日よりPay払いによる納付が開始されることを公表した(画像は国税庁公式サイトより転載)

国税がPayPayやd払いなど6種類に対応! 決済方法や手数料について解説のページです。オトナライフは、【マネーAmazon Payau PAYd払いLINE payPayPayQRコード決済メルペイ固定資産税自動車税】の最新ニュースをいち早くお届けします。