iPhone 15 Proから物理ボタンがなくなり「加圧式のソリッドステート」って何?

アップルの未発表製品について多くの予測が飛び交う中、その的中率の高さで多くのフォロワー数を誇るアナリストのツイートが話題を呼んでいる。10月28日、ミンチー・クオ氏は「iPhone 15 Pro/Pro Max(仮)」から物理ボタンがなくなるとの予測を発表。今回は2023年秋に発売予定のiPhone 15(仮)シリーズの物理ボタンについてお伝えしていきたい。

「iPhone 15 Pro/Pro Max」から物理ボタンがなくなる!?

「iPhone 15 Pro/Pro Max」から物理ボタンがなくなる!?(Image:ms_pics_and_more / Shutterstock.com)

iPhone 15 Pro/Pro Maxモデルでは、音量ボタンと電源ボタンが物理的に押し込む「機械式」から「感圧式」に変更されるのではないかと予測されている

アップルの新製品情報に精通するミンチー・クオ氏は10月28日、自身のTwitter @mingchikuo)でiPhone15から物理ボタンがなくなる、と予測し話題を呼んでいる。9万2,000人のフォロワーを抱えるソーシャルメディアインフルエンサーとしても知られる同氏のTwitterによると、2023年発表予定のiPhone 15 Pro/Pro Maxモデルからは音量ボタンと電池ボタンがなくなり、加圧式のソリッドステートに変更されるとの予測だ。

同氏によると、ハイエンドモデルのiPhone 15 Pro/Pro Maxモデルでは、従来の物理的に押し込む機械式ボタンに代わり、「iPhone 7/8/SE(第2世代)・(第3世代)」のホームボタンと同じソリッドステート式に変わると述べている。

感圧式ボタン採用は「iPhoneのポートレス化」の第一歩か

iPhone内部の左右にタプティックエンジンを追加搭載(Image:Poravute Siriphiroon / Shutterstock.com)

iPhone内部の左右にタプティックエンジンを追加搭載し、あたかも物理ボタンを押しているかのような感触を与えるという画期的な機能だ

ミンチー・クオ氏が従来の機械式ボタンからの変更を予測した、感圧式のソリッドステートとはどのようなものだろうか。同氏の6度にわたるツイートによると、ソリッドステートボタンは「触覚フィードバック」によって擬似的に押し下げ感覚を演出する機能だという。次世代iPhoneでは内部の左右に「タプティックエンジン」を追加搭載し、あたかも物理ボタンを押しているかのような感触を与えるという。この変更により各iPhoneに搭載されるタプティックエンジンの数は現在の1つから3つに増えるとみられている。

アップルは、ゆくゆくは「iPhoneのポートレス化」、すなわち充電ポートをなくす方向に動くと見られている。物理ボタンの感圧式への変更は、ポートレス化の方向とも合致する。「iPhone 14」の発売からまだ2ヶ月足らずのうちに、もうiPhone 15(仮)シリーズの予想が注目を集めるとは、アップルへの期待度の高さが伝わってくる。有力視されているUSB-C採用も含めて、 iPhone 15(仮)シリーズに搭載の新機能に要注目だ。

引用元:【TheVerge
引用元:【MacRumors

※サムネイル画像(Image:ms_pics_and_more / Shutterstock.com)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

iPhone 15 Proから物理ボタンがなくなり「加圧式のソリッドステート」って何?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhoneiPhone 15iPhoneの噂まとめ】の最新ニュースをいち早くお届けします。