【Mac】作業を高速化できる「Clipy」の使い方を解説!

Macで作業していて、頻繁に使用するワードをまとめて保存し、いつでも呼び出してコピペできれば便利だと思うことはないだろうか。

「Clipy」を使えばMacのコピー履歴を保存しコピペできるので、Macの作業を高速化できる。「Clipy」のMacでの使い方やインストール方法を紹介します。

【Mac】「Clipy」とは

【Mac】「Clipy」とは

MacはWindowsと同じように入力文字の予測変換機能があるので、文字を入力すれば過去の入力履歴をベースにワードの候補一覧が表示される。

しかし問題なのは、Macが日本語入力に特化しているわけではないので、お目当てのワードを常に表示できないことだ。

仕事やプライベートで作業する際、頻繁に使用するワードが予測変換機能に反映されて候補一覧に表示されれば作業効率は確実に向上するが、Macの標準機能ではそれがうまくできない場合がある。

あらかじめよく使うと分かっているワードを登録して表示できれば、すぐにコピペして入力できるので、作業をサクサク行えて大変便利だ。

この記事で紹介する「Clipy」を使えば、予測変換機能でお目当てのワードが表示されなくても作業をスムーズに行えるので、Macユーザーには必見である。

「Clipy」とは、コピー履歴を登録してリスト化し、必要な時にコピペを行えるクリップボードの拡張機能のことだ。クリップボードとは、コピーしたテキストを一時的に保存する領域のことである。

クリップボードだとテキストを1つしかコピーできないが、「Clipy」を使えばコピー履歴をいつまでも保存できるので消失することはない。デフォルトでは30回分のコピー履歴を保存でき、保存するコピー履歴の上限は自由に変更できる。

・「Clipy」でできること/機能

「Clipy」とは何かが分かったら、コピー履歴を保存できる「Clipy」でどのようなことができるかを次に紹介したい。「Clipy」で保存できるのはテキストのコピー履歴だけではない。画像の履歴も保存可能だ。

画像の履歴は個々に「Clipy」で保存できるだけでなく、複数の画像履歴を一緒に保存することも可能だ。Macの写真をフォルダ分けして整理する際に活用すれば、写真の整理と管理が素早く行えて大変便利である。

「Clipy」の機能でもう1つ紹介したいのは「スニペット」機能だ。「スニペット」機能とは、再利用可能なテキストの小さな領域のことをいう。「Clipy」に関していえば「スニペット」とは、定型文の履歴を保存することをいう。

「スニペット」機能を使うと過去に入力した定型文の履歴をリサイクルでき、長々とした文章を何度も入力する必要がなくなるので便利だ。マニュアルなどの翻訳作業をしているユーザーであれば、「スニペット」機能は大変重宝するはずだ。

ただ「スニペット」機能を効果的に使うには、「スニペット」の事前入力が必要になる。「スニペット」機能のスムーズな操作感を考えれば、手間をかける価値はあるといえよう。

【Mac】作業を高速化できる「Clipy」の使い方を解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスClipyMacMacBookMacBook ProMacの使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。