イオンブラックフライデー限定「ORIONの50型のチューナーレス4Kテレビ」38,280円

ここ最近、チューナーレステレビについて耳にすることが増えてきてはいないだろうか。テレビの放送だけでなく、有料や無料のものまで、さまざまな動画配信サービスが普及しており、よりよく大きい画像でよりよい音質で動画を楽しみたいという需要もあるだろう。そのような中、イオンが動画配信サービスの視聴に特化した4K解像度の50型「ORIONチューナーレススマートテレビAEUD-50D」を発売する。

イオンブラックフライデー期間限定、50型のチューナーレス4K液晶テレビを38,280円で

ORIONチューナーレススマートテレビAEUD-50D

イオンブラックフライデー(11月18日から27日)は38,280円(税込)で販売(画像は「イオン」プレスリリースより引用)

●オリオン「SMART TV-Tunerless-」は→こちら

あなたはちょっとした空き時間や仕事の合間の息抜きなどに、動画を視聴することはないだろうか。近年、テレビの放送だけでなく有料や無料のものまで多様な動画配信サービスがあり、見たいと思うコンテンツを絞り切るのにも苦労するくらいではないだろうか。

オンデマンド型の動画配信サービスの利用率は10~40代で50%を超えているほど活況だ。それだけ動画配信サービスが利用されている現状で、イオンが11月8日㈫より「ORIONチューナーレススマートテレビAEUD-50D」を発売する。これは、動画配信サービスの視聴に特化した4K解像度でサイズも50型と世の中のニーズを捉えていそうだ。

また、ブラックフライデー(11月18日から27日)の期間は、税込38,280円で販売される。取扱い店舗は本州・四国・九州エリアの「イオン」「イオンスタイル」の194店舗だ。

注目度が増すチューナーレステレビ NHK離れは進んでしまうのだろうか

チューナーレステレビ(Image:CeltStudio / Shutterstock.com)

注目度が上がっているチューナーレステレビ

この「ORIONチューナーレススマートテレビAEUD-50D」は、高解像度の映像と音声に対応している限定モデルだそうで、地上波よりもネットコンテンツを楽しみたい人や、大画面でのゲーム、パソコンのディスプレイ用にと重宝しそうだ。動画視聴には十分な16GBメモリーでさくさく動き、HDMI入力は4系統が接続可能となっており、パソコンの画面にゲーム機器にとこれ一台で家庭での動画視聴生活が快適に送れそうだ。

HDR対応で、最高レベルの輝度表示能力「Dolby VisionⓇ」技術にも対応しており、大きな明暗差や滑らかな階調、豊かな色域を表現できるとのこと。また、接続するスピーカーにこだわると、臨場感あるサウンドが楽しめてもうスマートテレビの前から動けないという日常になりそうだ。

チューナーレステレビといえば、言わずもがなNHKを視聴しておらず、受信料を払いたくないというユーザーにはとても魅力的だろう。世間の注目度が増しているなかで、さまざまな商品が市場に出回っており、イオンもこのような商品の販売に至ったのではないだろうか。通常価格は税込みで43,780円となっており、ブラックフライデー期間は38,280円と約13%の割引となっている。秋の夜長に大画面かつ、よい音質のチューナーレステレビで好きな動画視聴やゲームに興じるのもいいかもしれない。

※サムネイル画像は(Image:「イオン株式会社」プレスリリースより引用)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

イオンブラックフライデー限定「ORIONの50型のチューナーレス4Kテレビ」38,280円のページです。オトナライフは、【デバイスORIONイオンイオンブラックフライデーチューナーレステレビ】の最新ニュースをいち早くお届けします。