【Mac】「内部音声だけ」を画面録画する方法 – 周辺の音やマイクの音を収録しない

Macの画面録画機能を使ってデスクトップ画面に表示される画像や動画を撮影する際、周囲の音やマイクの音を収録せずに、Macの内部音声だけを収録したい場合があるのではないだろうか。

Macで画面録画をする際に、外部音声を収録せずに、内部音声だけを収録する方法を解説する。

【Mac】「内部音声だけ」を画面録画/収録するには?

デスクトップ画面に表示される画像や動画を撮影し、動画ファイルとしてMacに取り込み保存できる機能が画面録画だが、画面録画で取り込めるものはデスクトップ画面に表示されるものだけではない。音声も取り込むことができる。

取り込める音声はMac内部から出る内部音声と、Macの周囲の外部音声も取り込める。外部音声を画面録画で取り込むことができるので、マイクを使ったゲームの実況動画の撮影も画面録画で行える。

しかし状況によっては、外部音声を取り込まずに内部音声だけを取り込めるように設定したいと思うときもあるのではないだろうか。この記事では、Macの画面録画で内部音声だけを収録する方法を紹介する。

・Macでは内部音声のみは録音できない

Macで画面録画をする方法は3つある。コマンドキーを使って画面録画を呼び出す方法、「Quick Timer Player」アプリを使って行う方法、そして録画ソフトを使って行う方法の3つだ。

ここで重要なのは、それぞれの方法で画面録画を行った際に、どの音声を収録できるかということである。

コマンドキーで「shift」キー、「command」キー、「5」キーの3つを同時に押して画面録画をすると、Macの内蔵マイクからの音声収録か、音声なしを選択できる。つまり外部音声の収録は可能だが、内部音声の収録はできないということだ。

「QuickTime Player」アプリを使って画面録画をする場合も同様で、「QuickTime Player」アプリ単独では、内部音声を収録することはできない。

・macOS「Sierra」からはsoundflowerが非対応

コマンドキーや「QuickTime Player」アプリを使って、Macの標準機能である画面録画を起動させても、内部音声は収録できないので、ゲームアプリの迫力ある音声や動画の音声などが収録できないので大変残念なことである。

しかし方法がないわけではない。「soundflower」というソフトをMacにインストールすれば、内部音声を収録できる。

しかし「soundflower」は最新macOSでは使えない。搭載しているmacOSが「Sierra」より前のバージョンであれば「soundflower」は使用できる。しかし「High Sierra」以降を搭載しているMacでは「soundflower」は使用できない。

・QuickTime Playerの現在のOSでは非対応

搭載しているMacのOSが「Sierra」以降のバージョンでは「soundflower」を使用できないからといって、内部音声の収録ができないわけではない。

他のソフトをインストールすれば、内部音声の収録は可能だ。「soundflower」に変わるソフトとして使用できるのは「Background Music」というソフトだ。「Background Music」は「QuickTime Player」アプリを使って操作するソフトである。

「soundflower」の場合のように、「Background Music」をインストールし「QuickTime Player」アプリで画面録画をすれば内部音声を収録できる。「Background Music」のすごい点は、アプリごとに内部音声の音量を調整できることだ。

しかし「Background Music」ソフトは、macOS Big Sur以降のOSでは利用できない。「QuickTime Player」アプリで「Background Music」をインストールして使用する前に、搭載されているmacOSをぜひチェックしよう。

【Mac】「内部音声だけ」を画面録画する方法 – 周辺の音やマイクの音を収録しないのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスMacMacBookMacBook ProMacの使い方Wondershare DemoCreator画面録画】の最新ニュースをいち早くお届けします。