iPhone 15(仮)シリーズ8つのうわさが話題 – 全モデルでDynamic Island採用?

「iPhone 14」シリーズが発売されて間もないが、ネット上では早くも2023年秋に登場すると予測されている「iPhone 15(仮)」シリーズのウワサが出てきている。アメリカのテクノロジー系メディア「MacRumors」が、現在ささやかれている8つのウワサについて伝えた。

iPhone 15全モデルでノッチが消える?

iPhone 15

ノッチが消えて、着信通知や音楽再生などのウィジェットが表示される「Dynamic Island」が全モデルで採用?

1つ目が「USB-C Port」の話題だ。iPhoneの端子はこれまでアップル独自のライトニング端子を貫いてきたが、他社の機器と互換性がないとして変更を望む声があった。USB-C化が現実味を帯びたのは、EU圏内における充電ポートのUSB-C統一法案が可決されてからだ。しかし、法律による統一期限は2024年末。2023年秋発売のiPhone 15に搭載されるウワサはあるが、Apple幹部からは2024年のiPhone 16でUSB-C化するといった趣旨の発言も出ているため定かではない。

2つ目が「Solid State Volume and Power Buttons」。サイドにある電源と音量のボタンが、物理ボタンではなく感圧式になるそうだ。iPhoneの防水性能はシリーズを経るごとに上がっているが、実現すればより高い防水性を備える可能性がある。

3つ目は「Dynamic Island for All Models」だ。Dynamic Islandは「iPhone 14 Pro」などで備えられている、ディスプレイ上部にウィジェットを表示する機能のこと。ノッチ部分が消え、すべてのモデルでDynamic Islandが採用されるかもしれない。

望遠などカメラ性能がアップする可能性も

iPhone 15は望遠など望遠などカメラ性能がアップする?(Image:Thanes.Op / Shutterstock.com)

他社と競争の激しいカメラ性能だが、ペリスコープの採用でユーザーを惹きつけられるか?

4つ目のウワサは「Same Sizes」。iPhone 15(仮)シリーズのサイズは、現在販売中のiPhone 14シリーズと同じになるのではという見方だ。

5つ目は「Periscope Lens Technology」で、iPhone 15 Pro(仮)とPro Max(仮)には望遠カメラにペリスコープレンズが採用されるという。先日の皆既日食では「望遠が弱い」と言われていたiPhoneのカメラ性能だが、ペリスコープの採用でその評判が変化するだろうか。

6つ目が「A Name Change?」で、モデルの名称が変更になるのではというウワサだ。具体的には「iPhone 15 Pro Max(仮)」が「iPhone 15 Ultra(仮)」になるのではとささやかれる。

7つ目は「3-Nanometer A17 Chip」は、スマホの性能を左右するチップついて。iPhone 14 Proが搭載しているのはA16チップだが、A17チップになれば大幅な性能の向上が期待される。

最後となる8つ目のウワサは「More RAM」。iPhone 15 Pro(仮)の新しい機能をサポートするために、iPhone 14 Proでは6GBだったRAMが8GBに増えてスムーズな操作を可能にするとしている。

以上が現在、出回っているiPhone 15(仮)シリーズのウワサだ。あくまでも、アナリストの予測やリークなど確証のない話ではある。だが「気が早い」と言われようとも、やはり気になる話題である。

引用元:【MacRumors

※サムネイル画像(Image:Thanes.Op / Shutterstock.com)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

iPhone 15(仮)シリーズ8つのうわさが話題 – 全モデルでDynamic Island採用?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhoneiPhone 15iPhoneの噂まとめ】の最新ニュースをいち早くお届けします。