「マイナ保険証」のメリットとデメリットを解説 – 従来の健康保険証と何が違うの?

2024年秋、従来のカード型健康保険証は廃止され、マイナンバーカードを利用した「マイナ保険証」に一本化されることはご存じでしょうか? マイナンバーカードを取得するのが面倒くさい、あるいはなんとなく怖いと思っている人も多いようですが、マイナ保険証にはこれまでの健康保険証になかったメリットが多いのも事実です。そこで今回は「マイナ保険証」のメリットとデメリットについて解説します。

そもそも「マイナ保険証」って何なの?

2022年10月、政府はカード型の健康保険証を2024年秋に廃止して、マイナンバーカードを利用した「マイナ保険証」に一本化すると発表しました。

でも、そもそもマイナ保険証って何なのでしょうか? その話をする前に、まずはマイナンバーカードについて解説しておきましょう。

マイナンバーカードとは、12桁の個人番号(マイナンバー)を記載したICチップ付のプラスチック製カードのことで、顔写真付きの身分証明書として使えます。

しかし、運転免許証や健康保険証を持っている人に、新たな身分証明書は不要なので、なかなか普及しませんでした。そこで政府は、1人2万円ももらえるマイナポイント・キャンペーンを実施しています。

マイナポイント・キャンペーンは2022年12月末までにマイナンバーカードの取得申請をすると参加することができます。詳しくはこちらの記事で確認してください。

このマイナポイント・キャンペーンではマイナンバーカードを取得してキャッシュレス決済をすると最大5,000ポイント、公金受取口座の登録で7,500ポイントもらえますが、健康保険証の利用申請でも7,500ポイントがもらえることになっています。

マイナンバーカードで健康保険証の利用申請をすると、マイナンバーカードが健康保険証代わりになって、病院や薬局で利用できるようになりますが、これがいわゆる「マイナ保険証」と呼ばれているものです。

●マイナポータル「マイナンバーカードの健康保険証利用」は→こちら

マイナンバーカード取得後に、マイナポータルで利用申請すると、マイナンバーカードが健康保険証代わりなる。これがマイナ保険証だ(画像はマイナポータル公式サイトより転載)

もちろん、現状ではカード型の健康保険証もマイナ保険証も両方使えるので、なかなか便利です。

しかし、2024年秋以降はカード型健康保険証は原則利用できなくなってしまうので、早めにマイナ保険証が使えるようにしておいたほうがいいでしょう。マイナ保険証の具体的な利用方法については、こちらの記事を参考にしてください。

従来のカード型健康保険証は原則2024年秋に廃止され、その後はマイナンバーカードを利用したマイナ保険証に一本化される予定(筆者撮影)

「マイナ保険証」のメリットとデメリットを解説 – 従来の健康保険証と何が違うの?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフマイナポイントマイナンバーカードマイナ保険証健康保険証】の最新ニュースをいち早くお届けします。