ソフトバンクが新たなガラケー向け「ケータイ4GBプラン」を投入したわけ − どんなメリットや特典がある?

ソフトバンクは2022年11月16日から新たなガラケー向け「ケータイ4GBプラン」を投入しました。料金は月額2,266円ですが最初の1年間は月額1,078円で利用できます。ほかにも3Gサービス利用者は事務手数料が無料になったり、スマホに無料で機種変更できるなど、特典がてんこ盛りです。でも、なぜこのタイミングでソフトバンクがこのようなプランやサービスを投入したのでしょうか? 今回はその理由を考察したいと思います。

ガラケー向け4Gプランが通話し放題付きで月額1,958円!(1年間)

ソフトバンクは、2022年11月16日から新たに「ケータイ4GBプラン」の提供を開始しました。料金は月額2,266円ですが、最初の1年間は月額1,078円で利用できます。

「ケータイ4GBプラン」はデータ通信量4GBのガラケー向けプランで、契約できるのは5歳~22歳のユーザーが新規契約するか、ガラケー(フィーチャーフォン)ユーザーが、新しいフィーチャーフォンに機種変更、またはMNPで乗り換えた場合となっています。

●ソフトバンク「ケータイ4GBプラン」は→こちら

ガラケー向け4Gプランが通話し放題付きで月額1,958円!(1年間)

ケータイ4GBプランは、ガラケー向けのデータ通信量4GBのプラン。月額2,266円だが1年間は1,078円で利用可能。通話料は従量制で22円/30秒が別にかかる(画像はソフトバンク公式サイトより転載)

このケータイ4GBプランの通話料金は従量制で、基本料金とは別に22円/30秒がかかりますが、1回5分以内の国内通話が無料になる月額880円の「準定額オプション+」か、月額1,980円で24時間完全無料となる「定額オプション+」を追加できます。

ただし、ソフトバンクではケータイ4GBプランに加入した60歳以上を対象に「60歳以上通話おトク割」も実施します。これは、月額1,980円の「音声定額オプション+」を月額1,100円割引して、永年月額880円で利用できるというものです。

60歳以上の人がケータイ4GBプランに加入すると、月額1,980円で24時間通話し放題の「音声定額オプション+」が永年月額880円

60歳以上の人がケータイ4GBプランに加入すると、月額1,980円で24時間通話し放題の「音声定額オプション+」が永年月額880円で利用できるようになる。ちなみに、この割引きは「スマホデビュープラン+」加入時も適用される(画像はソフトバンク公式サイトより転載)

■ケータイ4Gプラン(60歳以上)

【データ通信量】4GB
【音声通話】22円/30秒
【月額料金】2,266円→1,078円(1年間)
【音声定額オプション+】月額1,980円→880円(永年)

・ケータイ4GBプラン+音声定額オプション+=1,958円
※14カ月以降は3,146円

つまり、60歳以上の人がケータイ4GBプランと音声定額オプション+に加入すると、データ容量4GBのネット接続と24時間通話し放題が、1年間月額1,958円で利用可能になるのです(14カ月目以降は月額3,146円)。これはお得ですね。

それにしても、なぜこのタイミングでソフトバンクがガラケー向け4Gプランを投入したのでしょうか? その理由はこのあとじっくり解説します。

ソフトバンクが新たなガラケー向け「ケータイ4GBプラン」を投入したわけ − どんなメリットや特典がある?のページです。オトナライフは、【iPhone&Androidガラケーソフトバンク】の最新ニュースをいち早くお届けします。