Google折りたたみスマホ「Pixel Fold」はGalaxy Z Fold4にそっくり? – 価格は25万円超!?

スマホが進化する方向性のひとつである「折りたたみスマホ」。独特の使い勝手だが、2022年は複数のメーカーから続々と発売され”当たり年”ともいわれている。そのようななか、Googleが開発中とうわさされる折りたたみスマホの製品画像がリークされ話題になっているのだ。今回は、リークされた情報をもとにデザインや価格などを考察してみたい。

気になる製品画像や価格、発売日の予想は?

Pixel Fold

いわゆる「横折り」といわれる、開けば小さめのタブレットのようになるタイプだ(画像は「Front Page Tech」より引用)

2022年11月14日、著名リーカーのジョン・プロッサー氏は自身のサイト「Front Page Tech」にて「Pixel Fold」とされた折りたたみスマホの製品予測CGを公開した。

画像によると、折りたたんだ状態で前面にくるカバーディスプレイと内面のメインディスプレイから構成されている。閉じればスマホ、開けばiPad miniというようなイメージだ。

カメラはPixelシリーズの特徴ともいえるカメラバーのアウトカメラと、それぞれのディスプレイに内蔵された2つのインカメラが確認できる。本体のカラーはチョーク(ホワイト) とオブシディアン(ブラック)の2色展開、重さは「本当にめちゃくちゃ重い」とされている。なお、価格は1799ドル(約25万円)で、発売時期は2023年5月との予想だ。

Googleにコメントの依頼にすぐには応じず「ただのうわさ」だとした。SNS上では「価格と耐久性が気になる」「これのためにしばらくは貯金生活かな」と25万円という高価な予想価格に関する声が上がった。

Galaxy Z Fold4と酷似しているという声も

Galaxy Z Fold4

よく似ているとされているGalaxy Z Fold4の製品画像(画像は「Galaxy」公式サイトより引用)

Pixel Foldの予測画像を「見たことあるような?」と思った読者は少なくないだろう。実は、韓国のサムスンから発売中の「Galaxy Z Fold4」によく似ているのだ。アウトカメラのレイアウトや折りたたみ部分は少し違うが、基本的なデザインは大きく変わらないように見える。

というのも、DSCCの最高経営責任者(CEO)ロス・ヤング氏がFront Page Techのツイッター投稿に「ディスプレイはSamsung Display製」と返信、新たな情報を追加している。ディスプレイはサムソンが提供したということは、技術協力も行われている可能性もあるだろう。

Pixel Foldのディスプレイ予測サイズはGalaxy Z Fold4とほぼ同じか

Galaxy Z Fold4は現在、ドコモとauから発売され、メインディスプレイは約7.6インチ、カバーディスプレイは約6.2インチ、価格も25万円弱とPixel Foldのリーク情報とほぼ同じ。画面もきれいで動きもスムーズだと評判はかなりよいようだ。

折りたたみスマホはニッチな市場で、サムスンが大きなシェアを占め独り勝ちの状態。Google Pixel Foldの発売で、市場が活発になり、各メーカーから発売される日が来るのだろうか。まだまだ技術的な課題は多そうだが、今後の動向を楽しみにしたい。

引用元:【Front Page Tech

※サムネイル画像は(Image:​「Front Page Tech」より引用)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

Google折りたたみスマホ「Pixel Fold」はGalaxy Z Fold4にそっくり? – 価格は25万円超!?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidGalaxy Z Fold4GoogleGoogle PixelGoogle Pixel Foldサムスン折りたたみスマホ】の最新ニュースをいち早くお届けします。