スプレッドシート「オートフィル」で数値や日付の連続データを入力する方法

Googleスプレッドシートで規則性のある、連続したデータを入力したいときに便利な機能、「オートフィル」。一つひとつ手入力する必要がなく、作業時間を大幅に短縮することができます。今回はその「オートフィル」の使い方について詳しく解説します。

スプレッドシートの「オートフィル」とは | 1~10の「連続データ」の入力例

「オートフィル」とは、連続したデータ、規則性のあるデータを入力するときに使える機能です。

例えば1~100までの数字を入力する際、一つひとつ手で入力していくと時間が掛かりますが、オートフィル機能を使えば、最初に1さえ手入力すれば、一気に100まで入力することが可能です。数字だけではなく、曜日などの文字の入力も可能です。

スプレッドシートの「オートフィル」とは | 1~10の「連続データ」の入力例1

「オートフィル」機能の使用例。連続したデータを入力するときに大変便利です

なお、WindowsとMacでは「オートフィル」の操作が異なります。

スプレッドシートの「オートフィル」とは | 1~10の「連続データ」の入力例2

「オートフィル」機能を使用する際、WindowsとMacではドラッグするときに押すキーが異なるので注意しましょう。Windowsユーザーの方の場合は「Ctrl」キー+フィルハンドルをドラッグしましょう

同じ数値や値を一律でコピーして入力したい場合

連続した値ではなく、「1、1、1、1、1」など、同じ値を入力する方法を解説します。

同じ数値や値を一律でコピーして入力したい場合

基準となる数字をデータの先頭に入力します。セル右下のフィルハンドルをクリックしながら、そのまま下にドラッグします。ドラッグしたところまで同じ数字が入力できました

スプレッドシート「オートフィル」で規則性のあるデータを入力する方法

オートフィルで規則性のあるデータを入力する場合は、元となるデータを2つ以上入力しておく必要があります。

スプレッドシート「オートフィル」で規則性のあるデータを入力する方法

基準となるデータをふたつ以上入力します。入力したセルを選択し、セル右下のフィルハンドルをクリックしながら、そのまま下にドラッグします。ドラッグしたところまで規則性のある数字が入力できました

スプレッドシート「オートフィル」で日付データを入力する方法

日付の場合、日付データをひとつ入力し、オートフィルで連続した日付を入力することができます。

スプレッドシート「オートフィル」で日付データを入力する方法

基準となる日付を先頭に入力します。セル右下のフィルハンドルをクリックしながら、そのまま下にドラッグします。ドラッグしたところまで連続した日付が入力できました

日付の表記を変更したい場合

オートフィルによる日付入力の表記を「1/1」から「1月1日」といった形式に変更したい場合は、「カスタム日時」機能で一括して変更可能です。

日付の表記を変更したい場合

日付のセルを選択し、メニュータブの「表示形式」→「数字」→「カスタム日時」と進み、日付の表示形式を変更することができます

スプレッドシート「オートフィル」で数値や日付の連続データを入力する方法のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGoogleオートフィルスプレッドシートスプレッドシートの使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。