スマホアプリから見える「日米中3カ国」の国柄、日本は課金しない傾向?【MMD研究所調べ】

MMD研究所が2022年8月23日〜28日の期間に実施した、「日米中3ヶ国都市部スマートフォンユーザー比較調査第3弾 〜アプリ編〜」の結果が公開された。週に1回以上利用するアプリのジャンルや、週に1回以上利用しているメッセージアプリ・SNSは何か?などの質問項目について、各国ごとの結果が見られる興味深い調査結果となっている。

週に1回以上利用しているアプリは?

(「MMD研究所」調べ)

週に1回以上利用しているアプリのジャンルを複数回答可でたずねたところ、日本で最も多かった回答は「メッセージアプリ」の78.1%、次いで「Eメール」の63.2%、「天気」の54.9%という結果となった。中国の回答で最も多かったものも、「メッセージアプリ」の86.8%、次いで「電話」の72.6%、「ネットショッピング(ネットスーパー以外)」の65.4%と続いた。対してアメリカは、「電話」が最も多く79.9%、次いで「Eメール」の79.0%、「SNS」の69.6%であった。

(「MMD研究所」調べ)

(「MMD研究所」調べ)

もし「毎日利用しているアプリ」をたずねた場合どんな結果になるのだろうか(「MMD研究所」調べ)

また、週に1回以上利用しているメッセージアプリ・SNSは何かたずねたところ、日本の1位は「LINE」、アメリカの1位は「Instagram」、中国の1位は「WeChat」、と、国ごとの特徴がはっきり表れる結果となっている。

スマホアプリから見える「日米中3カ国」の国柄、日本は課金しない傾向?【MMD研究所調べ】のページです。オトナライフは、【SNSAmazonプライム・ビデオInstagramLINEMessengerNetflixQQ MusicSNSSpotifyTwitterWeChatYouTube】の最新ニュースをいち早くお届けします。