【Mac】ユーザー辞書の登録方法を解説 – 繰り返し使用するワードはすべて登録しよう

iPhoneでお馴染みの機能の中にユーザー辞書があるが、Macでもユーザー辞書を利用できることをご存じだろうか。ユーザー辞書があればメールやファイルの作成の際に、テキスト入力が素早く行えるので大変便利だ。Macでユーザー辞書の登録を行う方法を解説します。

【Mac】ユーザー辞書とは

パソコンを使って作業する際、必ず行うのがテキストの入力だ。会社のプロジェクトチーム内でのコミュニケーションや、取引先や顧客との連絡手段として毎日メールの送受信を行う際に、テキストの入力を必ず行うのではないだろうか。

また毎日メールを送信したり、SNSアプリのメッセージを送ったりする際にもテキストの入力を行うはずだ。目的が仕事かプライベートかに関係なく、同じワードを何度も入力して面倒くさいと感じることはないだろうか。

繰り返し使用することが分かっているワードはすべて登録してすぐに利用できれば、テキスト入力が格段に早くなり大変便利だと感じるはずである。

iPhoneには「ユーザー辞書」機能があるので、頻繁に使用するワードを登録しすぐに呼び出すことができて便利である。

実はMacにもiPhoneと同様に「ユーザー辞書」機能があるので活用すれば、メールの返信やSNSアプリのメッセージの作成が非常に便利になる。

Macの「ユーザー辞書」とはどのような機能なのか、どのようにMacで「ユーザー辞書」を呼び出しニューワードの登録を行えるのか、さらに登録したワードのバックアップと復元をどのように行うのかをこの記事で詳しく解説する。

・よく使う単語/ワードや文章を端末に登録しておける便利な機能

まずMacの「ユーザー辞書」とはどのような機能なのかを簡単におさらいする。「ユーザー辞書」とは、頻繁に使用するワードや文章を登録してリスト化し、テキスト入力の高速化を図る機能のことだ。

具体的には「読み」と「ワード」をワンセットにして登録する。例えば「しん」→「心配する」と登録すれば、テキスト入力欄に「しん」と入力するだけで、候補一覧に「心配する」が表示される。

Macや他のデバイスには予測変換機能が搭載されているので、テキスト入力欄に文字を入力すると、過去の入力履歴をベースにして候補一覧が表示される。しかし自分が希望するワードとは関係のないものが表示されることが多々ある。

「ユーザー辞書」の設定をすれば、候補一覧に必ずお目当てのワードが表示されるので、予測変換機能に頼ることなくワードを素早く表示させて入力できる。

Macの「ユーザー辞書」とは、テキスト入力に伴うストレスを軽減させる機能と言い換えることもできるかもしれない。

・登録しておくと便利なワード

Macの「ユーザー辞書」とはどのような機能かをここまで紹介したが、テキスト入力の高速化を図るためにどのようなワードを設定すればいいかを知っていると、メールやSNSアプリのメッセージ作成がサクサク行えて便利だと感じるのではないだろうか。

一般的には以下のワードを設定すると作業がスピーディーに行えるようになる。

●頻繁に使用するビジネスワード
●頻繁に使用する文章
●専門用語
●珍しい名字や名前を持つ会社の上司、同僚、顧客、取引先、知人
●入力が面倒なワード

上記に挙げたもの以外にも、「ユーザー辞書」に設定すると便利なおすすめワードを以下にまとめるので参考にしてほしい。

登録すると便利なワード
メールでよく使う挨拶文 ●お世話になります
●よろしくお願いします
●ご連絡に感謝します
●不明な点がありましたらご連絡ください
電子メールアドレス ●「あど」→「・・@gmail.com」と自分のメールアドレスを登録
●「個人」→「メールアドレス、「仕事」→「メールアドレス」と登録
住所 「じゅうしょ」→「自宅の住所」と登録
括弧(かっこ) 「」()【】{}
矢印 →、↓、↑、←
珍しい地名や名前 ●「おしゃまっぷ」→「老者舞」
●「かれいざわ」→「王余魚沢」
●「おいで」→「生出」
●「あてらざわ」→「左沢」
●「おっち」→「乙父」

【Mac】ユーザー辞書の登録方法を解説 – 繰り返し使用するワードはすべて登録しようのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスMacMacBookMacBook ProMacの使い方ユーザー辞書】の最新ニュースをいち早くお届けします。