「SNS流行語大賞2022」ノミネート30の元ネタや意味を解説!「わかんないっピ」「ニャオハ立つな」など

イー・ガーディアン株式会社がTwitterで2022年に多用されたフレーズを独自調査。そのなかで最も使用された30のフレーズを「SNS流行語大賞2022」のノミネートワードとして発表した。今回はノミネートされた30語についてそれぞれ簡単に紹介する。

話題のドラマやマンガから多数ノミネート

「SNS流行語大賞2022」のノミネートワード30

2022年にSNSで頻繁に使われた言葉、あなたはいくつ知ってる?(「イー・ガーディアン株式会社」調べ)

SNS流行語大賞2022では多彩なジャンルの言葉がノミネートした。「うまい棒」はもはや説明不要の人気駄菓子で、42年間10円を維持してきたが、コストの高騰により2022年4月1日に初の値上げを実施したことが話題となった。「サイゼ論争2022」とは「サイゼリヤでデートはアリかナシか」という論題が毎年SNSで交わされている議論で、2022年もその熱は冷め止まないようだ。「落ち着いて聞いてください」とは『メタルギアソリッド5』というゲームのワンシーンで、衝撃的な情報などとともにそのシーンの画像をツイートする人が多い。

同じくゲーム由来では「ニャオハ立つな」も。ニャオハとは『ポケットモンスター』シリーズ最新作に登場する可愛らしいポケモンだが、過去に「元は可愛かったが、進化して人型になると可愛くなくなる」ポケモンがいたため、SNSでは立たないでほしいという声があがった。

マンガやアニメ由来のワードも多く、「わかんないっピ」「アーニャ語」「○○ってコト!?」はそれぞれマンガの『タコピーの原罪』『SPY FAMILY』『ちいかわ』が元ネタ。「富樫先生」は休載期間が長いことで有名な『HUNTER×HUNTER』の作者で、Twitterアカウントを開設し連載再開したことで話題に。「伊之助ボディ」は『鬼滅の刃』の「嘴平伊之助」の腹筋を目指す「伊之助ボディになるまで毎日腹筋ローラー」というTwitterアカウント。

「#全部大泉のせい」「#ちむどんどん」「#silent」はドラマをきっかけにトレンド入りしたワードで、「○○、私の好きな言葉です」「これでお前とも縁ができた」は『シン・ウルトラマン』『機界戦隊ゼンカイジャー』特撮作品で登場した印象的なセリフだ。マンガやドラマなどの作品のクセになる表現や言い回しがトレンドに入りやすいようだ。

「SNS流行語大賞2022」ノミネート30の元ネタや意味を解説!「わかんないっピ」「ニャオハ立つな」などのページです。オトナライフは、【SNSSNSSNS流行語大賞2022Twitter】の最新ニュースをいち早くお届けします。