「おばさん構文」って何? 普通におばさんがSNSでやってしまいがちな特徴 – おじさん構文との違いは?

最近、SNS上でクセの強い「おじさん構文」が話題となりました。しかし、その一方でおばさんのSNSもかなり特徴のある「おばさん構文」になっているようです。顔文字を多用する、ムダに長文で句読点が多い、聞いてもいないのに近況報告をするなど、共通の特徴があるものの、おばさん特有のクセもあるようです。そこで今回は、おばさんがついやってしまいがちな、「おばさん構文」の特徴やおじさん構文との違いを紹介します。アナタも気が付かないうちにおばさん認定されているかも!?

なぜ、おじさんやおばさんのSNSは独特なのか?

少し前から、若い世代の間で話題となっているのが、SNSにおける「おじさん構文」です。

おじさん構文は、絵文字やカタカナを多様、長文で句読点が多い、聞いてもいないのに近況報告する、自虐ネタが多い、若い女性相手には“あわよくば感”を出しセクハラまがいの内容が多いといった特徴があります。詳しくはこちらの記事で確認してください。

それでは、なぜおじさんのSNSは「おじさん構文」になってしまうのでしょうか? これにはさまざまな考察がありますが、現在、主流となっている理由を紹介しましょう。

まず、おじさん構文が長文になるのは「メール」の影響だと言われています。昔、ガラケーでメールをやり取りするときは1通で話を完結させるのが普通だったので、そのまま、SNSのメッセージも長文になってしまうのです。

ほかにも、メールでは最初に「お世話になっています」や「お元気ですか」といったあいさつから始まるため、どうしても、本題に入る前のあいさつや天気などの話でメッセージが長くなると考えられています。

次に、絵文字が多いのは、おじさんが若いときに使っていたガラケーの影響が強いと言われています。ガラケーのメールは、SMSでは使えなかった絵文字(デコメ)やアスキーコードの顔文字\(^ ^)/を使うのが流行っていたため、「若者=顔文字」だと今でも思い込んでいる節があります。 

最後に、おじさんがやたら「ヤッホー!」や「オハヨー!」といったあいさつを書くのは、メールのときのような堅苦しい挨拶にならないように、できるだけ若者に嫌われないように、十分配慮した結果ではないかと考えられています。なかなか涙ぐましいですね。

このように、おじさん構文はおじさんが昔使っていたガラケーのメール文化の名残と、若者に嫌われないために精一杯がんばって気を使った結果、あのような不思議な構文になってしまったというわけです。

こちらが最近話題になった「おじさん構文」の例

こちらが最近話題になった「おじさん構文」の例。絵文字やカタカナが多く、最初に挨拶が入るので1文が長いといった特徴がある

「おばさん構文」って何? 普通におばさんがSNSでやってしまいがちな特徴 – おじさん構文との違いは?のページです。オトナライフは、【SNSLINESNSネット用語おじさん構文SNS用語おばさん構文】の最新ニュースをいち早くお届けします。