携帯のプロ200人に「私用スマホ」の状況を調査!興味深い回答が多数【モバワン調べ】

格安SIM・格安キャリアの専門サイト「モバワン」の運営などを行うアルファインターナショナル株式会社は、2022年8月9日〜20日の期間に同社の社員214名を対象に、携帯・格安SIMなどについてのユーザー調査を実施した。携帯のプロが使う私用のスマホはどのようなものかなど、興味深い回答が多数、寄せられている。今回は、プロ目線でのスマホ事情を少しご覧いただこう。

全体の約69%が大手3キャリアを利用

私用ケータイはどこのキャリアを使用している?

まだまだ大手3キャリアが根強いのか…(アルファインターナショナル株式会社「モバワン」調べ)

はじめに、「私用の携帯はどこのキャリアを使用していますか?」という質問だが、1位の回答は「au」で24.8%、2位の回答は「ドコモ」の23.4%、3位の回答は「ソフトバンク」の21.0%と、3社が僅差でほぼ横並びだ。大手通信キャリアの3社が全体の約69%を占めており、オンライン専用プランや格安SIM会社の勢いは凄まじいと言えど、大手通信キャリアの地位は揺るがないようであった。

サブ回線はどこのキャリアを使用している?

2台目以降は格安SIMやオンライン専用プランがさらに増えると思ったのだがそれほど多くはない(アルファインターナショナル株式会社「モバワン」調べ)

サブ回線(2台目)を所有している人は全体の約53%と、半分以上の人が携帯電話の2台持ちをしているという結果には少し驚いた。「サブ回線(2台目以降)どこのキャリアを使用していますか?(複数回答可)」という質問に対し、最も回答が多かったのは「楽天モバイル」で32.5%、2位は「au」の17.1%、3位は「ドコモ」で11.4%という結果となった。

2台目以降でも大手通信キャリアは強い…。楽天モバイルの使用率が高いのは、2022年6月まで提供していた、1GBまで月額料金0円のプランがサブ回線として人気だったからだろう。

乗り換えのターゲット層は約25%?

端末代金を除いた毎月の請求額はいくら?

大手3キャリアはやはり5,000円以上しそうなイメージがある(アルファインターナショナル株式会社「モバワン」調べ)

また、「端末代金を除いた毎月の請求額はいくらくらいですか?」という質問へは、約53%が5,000円以上と回答。5,000円以上、と答えた人は、大手通信キャリアの利用者である可能性が高そうだ。さらに、前述の調査結果とあわせて考えてみよう。同調査の回答者の約69%が大手通信キャリアの利用者であったことに鑑みれば、約16%近くの人が大手通信キャリアを利用しながらも、毎月の利用料金を5,000円以下に抑えている、と言うこともできそうだ。

大手通信キャリアであっても、3GB前後しかデータ容量を使わないのであれば、料金を3,000円〜5,000円におさめて利用することも可能だろう。しかし、月に3GB前後しか使わないのであれば、「LINEMO」や「povo」、その他格安SIM会社に乗り換えた方がお得な場合も多いはずだ。この内容を踏まえると、全体の約25%を占める、毎月3,000円〜5,000円の層は、携帯キャリアの乗り換えを検討する可能性が高いユーザー層とも言える。

毎月のデータ使用量はどのくらい?

携帯のプロだからなのか…?データ使用量も全体的に高い気がする(アルファインターナショナル株式会社「モバワン」調べ)

毎月のデータ使用量については、20GB以上と回答した人が全体の約55%となったが、こちらも格安SIM会社やオンライン専用プランの活用で、月額料金を安くすることができそうだ。適正なプランを選べば、5,000円以下で20GB〜30GBを使用することもそう難しくない。

出典元:格安SIM・格安キャリアの専門サイト「モバワン」は→こちら

※サムネイル画像(Image:Tada Images / Shutterstock.com

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

携帯のプロ200人に「私用スマホ」の状況を調査!興味深い回答が多数【モバワン調べ】のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidスマホAndroidiPhone】の最新ニュースをいち早くお届けします。