【Mac】隠しファイル/フォルダの作成方法!表示/非表示についても解説!

Macには、ユーザーが勝手に編集したり削除したりすると困るファイルやフォルダがあり、ユーザーが不用意にアクセスして変更を加えないようにするため、デフォルトで見えないように設定されています。

この記事ではMacの隠しファイル/フォルダとは何か、隠しフォルダ/ファイルを表示させたり非表示にする方法や、作成する方法を解説します。

【Mac】隠しファイル/フォルダとは

【Mac】隠しファイル/フォルダとは(Image:19 STUDIO / Shutterstock.com)

Macの隠しファイル/フォルダとは、誤操作で内容を変更してしまわないよう、不可視設定がされているファイルやディレクトリのことをいいます。

Macのファイルやディレクトリの中には、勝手にアクセスして変更を加えられると困るものがあります。たとえば「.bash_profile」、「.ssh」、ライブラリ、ゴミ箱などは、デフォルトで隠しファイル/フォルダに設定されています。

「.bash_profile」とは、ログインした時に読み込まれる設定ファイルのことです。「.ssh」とは、別のコンピューターに遠隔でログインしたり、特定のサーバに入ったりするためのプロトコルのことです。

「.bash_profile」、「.ssh」、ライブラリ、ゴミ箱といったファイル/フォルダは、ユーザーが勝手にアクセスして変更を加えると、その後の操作に影響が出るものなので、デフォルトで隠しファイル/フォルダとして設定されています。

Macを家族や他の人と共有している場合、プライベートや仕事で作成したファイルやフォルダを他の人に見られてしまうと気まずく感じます。Macは作成したファイルやフォルダを手動で隠しファイル/フォルダとして作成できます。

この記事では、Macの隠しファイル/フォルダを表示させたり非表示にしたりする方法や、隠しファイル/フォルダを手動で作成する方法を詳しく紹介します。

・名前が「.(ピリオド)」で始まるフォルダやファイル

Macの隠しファイル/フォルダとは不可視設定されたディレクトリやファイルのことだと先ほど紹介しましたが、具体的にデフォルトで設定されているMacの隠しファイル/フォルダはどのような名称で保存されているかご存じでしょうか。

デフォルトで隠しファイル/フォルダとして設定されているものは、「.(ピリオド)」で始まっています。先ほど紹介した「.bash_profile」、「.ssh」はどちらも「.(ピリオド)」で始まっています。

・隠しファイル/フォルダのメリット/デメリット

Macの隠しファイル/フォルダとは具体的にどんなフォルダやファイルのことかはこれで分かったと思いますが、隠しファイルや隠しフォルダにはどんなメリットやデメリットがあるのかを知らなければ、作成する意味がありません。

Macの隠しファイル/フォルダ最大のメリットは、人に見られたくないファイルやフォルダを隠して見られないようにできることです。

先ほど紹介したように、同じMacを家族や他の人と共有している状況では、他の人に見られないようにプライベートや仕事のファイルやフォルダを隠して見えないようにできることは大きなメリットです。

またリモート会議に自分のMacで参加して、他の参加者や出席者にプレゼンテーションを行う際、プライベートなファイルやフォルダを移動し忘れて見られてしまうというリスクを回避できるのも大きなメリットです。

逆にMacの隠しファイル/フォルダのデメリットはというと、隠しファイル/フォルダの表示方法を忘れてしまうとアクセスできなくなってしまうことです。

大切なファイルがフォルダに保存されている場合、開けずに編集ができないことは大きなデメリットです。

他のデメリットとしては、最近使った項目を表示させ、ファイルの履歴を表示すると、過去に開いたファイルのリストが表示されますが、隠しファイルも表示されてしまうことです。

履歴に表示されてしまうというデメリットを忘れていると、思わぬところで他の人に見られてしまうかもしれません。メリットだけでなくデメリットもしっかり理解してMacの隠れファイル/フォルダを作成しましょう。

隠しファイル/フォルダのメリット/デメリット

メニューバーの「Appleロゴ」をクリックし、表示されるプルダウンメニューの中にある「最近使った項目」を選択しクリックすると、隠しファイルが表示されます

【Mac】隠しファイル/フォルダの作成方法!表示/非表示についても解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスMacMacBookMacBook ProMacの使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。