「審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社」は実在する? 審査が通らない人向け最終手段解説

「審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社」は結論からいって、残念ながら存在しません。理由は「審査がどこも通らない人への貸付」を謳うことは、貸金業法に違反するおそれが強いためです。

「審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社」は実在する?審査が通らない人向け最終手段解説1

貸金業者にはお金を貸す際の「審査」が義務付けられています。よって実質的に審査をせず「誰にでもお金を貸す」のは貸金業法違反のおそれがあります。同様に「返済能力がない人」に過剰貸し付けを行うことも禁止されています。逆に言えば、お金を借りたい人は「ある程度審査が緩い」と想定される貸金業者に対して、自分の返済能力を証明することが大切です

なお以前、ローン会社の審査に落ちた場合でも「収入」や「属性」に変化があれば、別の消費者金融で借り入れできる可能性があります。「ローンの審査が通らない」とお悩みの場合は、自分の返済能力の裏付けとなる「収入」や「属性」を少し時間をかけて変えてみるのが1つの手です。

今回はお金を借りられない実質的なブラック状態を、どうやったら解消できるのか解説します。結論から言えば「1つの銀行」や「1つの消費者金融」に断られたとしても、まずは複数の金融機関に問い合わせることが大切です。なおかつ公的貸付を受けることもぜひ検討してください。

「ブラック状態」だとお金を貸してくれるローン会社は非常に少ない

個人信用情報機関に保管されている信用情報に、金融機関の審査に不利に働く情報が残されていることを「ブラック状態」と呼びます。信用情報がブラックの場合、お金を貸してくれる企業や団体は著しく減ります。

消費者金融からも銀行、信用金庫からもお金を借りられない場合は現実的には「公的貸付」か債務整理も検討すべきでしょう。

お金を貸してくれる企業や団体は主に3通り

まず「お金を貸してくれる」企業や団体は、主に3通りです。

・消費者金融、信販会社
・銀行、信用金庫
・公的貸付制度(国、自治体などが主宰)

お金を貸してくれる企業や団体は主に3通り1

消費者金融や信販会社は、個人向け融資を主な業務とする企業。有名な企業には「アコム」や「セディナ」が挙げられます。銀行や信用金庫に比べると、金利が高い一方で、最短で即日融資が受けられます。

銀行や信用金庫は、預金業務と融資業務をそれぞれ手掛けています。有名な銀行には「三井住友銀行」などが挙げられます。消費者金融よりも審査は厳しく、即日融資などは受けられません。その反面、金利は低いのがメリット。創業時に融資を受ける先としても適しています。

公的貸付制度は、国や自治体が主催する「生活支援」としての色あいが強いものです。消費者金融や銀行から貸付を受けることが難しい場合は、各地の社会福祉協議会などに問い合わせたうえ、まず公的融資を受けられないか検討すると良いでしょう。

消費者金融や銀行は「信用情報」を厳しくチェックする | まずは「相談」をしよう

消費者金融や銀行から借り入れる場合、審査時には「収入情報」「信用情報」「勤務先情報」などが細かくチェックされます。

消費者金融や銀行は「信用情報」を厳しくチェックする | まずは「相談」をしよう1

たとえば過去に消費者金融などから借り入れを行い、返済を延滞していた場合などには「信用情報」に延滞記録が残ります。するといわゆる「ブラック」となり、各種金融機関からお金を借りるのが難しい状態となります

ただし「すべての銀行や消費者金融が、同じ審査基準を持っている」わけではない点にご注意ください。大手銀行なのか、地方銀行なのか、信用金庫なのか、ネットバンクなのかといった銀行の種類によっても細かく審査基準は違います。1つの銀行の審査に落ちたからといって諦めず、複数の銀行に問い合わせをしてください。

注意点は「借り入れの申し込み」そのものは慎重に行うことです。繰り返し借り入れの申し込みに落ち続けると、そのこともまた信用情報の「キズ」になってしまいます。まずは銀行に出向き、担当者に相談をし、借入できそうか相談をしてみましょう。

「ブラック」にも種類がある | 申し込みブラックか延滞によるブラックか

複数の銀行や信用金庫、消費者金融に相談しても借り入れができない場合、「ブラック状態」と考えて良いです。この場合、個人信用情報機関に自身の信用情報が保管されている期間内は、金融機関からお金を借りることは難しいです。

とはいえ、個人信用情報機関は永久に信用情報を保管するわけではありません。最短の場合、6カ月でブラック状態を脱することも可能です。逆に5年~10年保管されるケースもあるので、自分がどの「ブラック状態」かを見極めましょう。

申し込みブラック | 6カ月で解消

銀行や消費者金融に借り入れの申し込みを行うと、必ず個人信用情報機関に信用情報の照会が行われます。

つまり「短期間に複数回の借り入れの申し込み」を行うと、その記録が残り「短期間で繰り返しローンの申し込みをするということは、切羽詰まっているのだろう」と金融機関の審査に不利に働きます。

こうした状態を「申し込みブラック」と言います。借り入れと借り入れの間は、最短でも「6カ月空ける」ことがおすすめです。

延滞によるブラック | 1年~5年で解消

過去にローンの返済が滞った場合は「延滞によるブラック」に該当します。この場合は個人信用情報機関に、1年~5年程度、信用情報が保管されます。延滞を行ってから、5年間は借り入れの申し込みによる信用情報の照会が発生しないように注意しましょう。

債務整理によるブラック | およそ10年で解消

自己破産や個人再生など「債務整理」を行った場合、10年間、個人信用情報機関に信用情報が保管されます。ただし「債務整理の手続きが終わってから10年間」というカウントを行うため、個人再生や特別調停など裁判所を介する手続きを行う場合はより時間がかかります。

金銭的に困窮し「債務整理を始めたタイミング」からカウントすると、13年ほどかかる場合もあります。

「審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社」は実在する? 審査が通らない人向け最終手段解説のページです。オトナライフは、【マネーローンキャッシング】の最新ニュースをいち早くお届けします。