「トリカエスマ保証」が話題、バッテリーが劣化したらスマホごと交換してくれる!?

スマホを使っていて一番気になるところは、バッテリーの減り具合だという人は多いのではないだろうか。毎日、心置きなく使いたいのに、バッテリーの減りが早いのは死活問題だ。そのような中、ニューズドテックが、バッテリー劣化に特化した新しい交換保証サービス「トリカエスマ保証」を開始した。

「トリカエスマ保証」が話題 電池持ちが悪くなったら月200円~のサブスクでスマホ交換

トリカエスマ保証

交換端末が送られてきたら、自分でデータを移行し、使っていた端末は初期化して送り返せばいい、という手軽さ(画像は「株式会社ニューズドテック」プレスリリースより引用)

動画を見たり、ゲームをしたり、気づいたらバッテリーが残りわずかで思うように使えない、という経験は誰でもあるだろう。充電中にスマホを使う「ながら充電」や、短時間で充電する「急速充電」は、スマホのバッテリーの劣化を早める傾向があると言われるが、それをわかっていても、やめるのは難しいというのが大半の感想ではないだろうか。

そのようなバッテリーの劣化したスマホを交換することに特化したサービス「トリカエスマ保証」を、ニューズドッテクが12月9日(金)より開始した。これは、大手キャリアのスマホだけではなく、MVNOや家電量販店、通販サイト、中古販売店などで購入したスマホでも加入できる。

大手キャリアの有償サービスでは、「電池持ち」を理由とした交換を受け付けていない場合があったり、サービスはあっても預かり修理となる場合が多く、そのサービスの穴を埋めるかたちで「トリカエスマ保証」がスタートした。

iPhone、Androidスマホ3,000機種が用意されている!

トリカエスマ保証 プラン詳細

プレミアムプランは充実のサービス内容だが、現行のスマホよりよい状態のバッテリーに交換したい、ということであれば、ベーシックプランで十分だろう(画像は「株式会社ニューズドテック」プレスリリースより引用)

「トリカエスマ保証」は、月額200円の「ベーシックプラン」と、月額500円の「プレミアムプラン」(どちらも税込み)の2種類がある。「ベーシックプラン」は、「最大バッテリー容量が80%以下になった場合」に交換を申請でき、「中古Cランク」でバッテリー残量80%以上の中古品に交換される。交換手数料は無料で、送料が750円かかるという仕組みだ。

「プレミアムプラン」では、利用中のスマホの最大バッテリー容量にかかわらず、電池持ちが悪いと感じたときに、いつでも交換を申請できる。交換後のスマホは「中古Aランク」か「中古Bランク」で、最大バッテリー容量が90%以上となる。交換時の手数料は機種の中古価格に応じて3,000円、6,000円、9,000円の3パターンとなっている。

交換申請は、サービス加入から3カ月後以降に行えるが、プレミアムプランなら5,500円の有料サービスで加入直後から交換が可能だ。iPhone、Androidスマホの対象機種は3,000機種用意されており、原則交換前と同じ機種と交換される。

色指定ができないのは少し残念だが、スマホで使われるリチウム電池は充電を繰り返すと最大容量が減少する性質があって、「電池持ち」問題は避けて通れない。大手キャリアでのサービス内容では、心もとないと思っていた人は、このサービスの加入を考えるのもいいのではないだろうか。

出典元:バッテリー劣化で手軽にトリカエ「トリカエスマ保証」【トリスマ

※サムネイル画像(Image:mokjc / Shutterstock.com

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

「トリカエスマ保証」が話題、バッテリーが劣化したらスマホごと交換してくれる!?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidスマホAndroidバッテリー充電iPhone】の最新ニュースをいち早くお届けします。