iPhoneの「iOS 16.2」がリリース、何がどう修正された?

iPhoneの最新OS「iOS 16」は、「iOS 16.0.2」「iOS 16.1」「iOS 16.1.2」などが相次いで公開されていますが、2022年12月13日には最新版「iOS 16.2」がリリースされました。iOS 16ではこれまで初期トラブルがいくつか見られましたので、iOS 16をインストールせず様子見していた人にとっては見逃せないアップデートでしょう。そこで今回は、iOS 16.2でいったい何がどう変わったのか詳しく解説します。

12月13日、早くもiOS 16.2がリリース!

2022年9月13日にiPhone用最新OS「iOS 16」がリリースされたのはご存じでしょう。「iOS 16」にはさまざまな新機能が追加されているので、早く便利な新機能を使ってみたいところです。

iOS 16の新機能について詳しく知りたい人は、こちらの記事で確認してください。

しかし、iOSのメジャーアップデートでは毎回バッテリーの減りが早い、アプリが対応しておらず正しく動作しないといった不具合が見られます。

そこで、不具合を解消した「iOS 16.0.2」「iOS 16.0.3」「iOS 16.1」「iOS 16.1.1」「iOS 16.1.2」などが相次いでリリースされました。

2022年11月30日リリースの「iOS 16.1.2」では、「iPhoneの重要なセキュリティアップデート」「ワイヤレス通信事業者との互換性の改善」「iPhone 14とiPhone 14 Proモデルでの衝突事故検出の最適化」などが行われています。

そして、2022年12月13日には早くも最新版「iOS 16.2」がリリースされました。果たして今回はどのような新機能が追加され、不具合が解消されているのでしょうか?

最新版「iOS 16.2」

こちらが12月13日にリリースされたiOS 16.2。ディスカッションのための「フリーボード」や「Apple Music Sing」によるカラオケ機能など、かなりの数の新機能が搭載されたほか、バグに関しても改善されている

iOS 16.2ではどんなところが改善されているの?

それではさっそく、最新版iOS 16.2の内容を確認しましょう。

Appleのリリースノートを見ると、今回のアップデートでは、ディスカッションのための「フリーボード」が導入されたほか、iPhoneでカラオケが楽しめる「Apple Music Sing」のほか、ロック画面の改善や数多くのバグが修正されています。

●Apple「iOS 16 のアップデートについて」は→こちら

フリーボード

・Mac、iPad、iPhoneで友達や同僚とクリエイティブに作業するための新しい“フリーボード” App
・自由自在なキャンバスに、ファイル、画像、付せんなどを追加可能
・描画ツールでキャンバス上のどこにでも指でスケッチ可能

Apple Music Sing

・Apple Music内の何百万もの曲から選んだお気に入りの曲に合わせて歌う新しい方法
・ボーカルの音量を自在に調整して、原曲のアーティストとデュエットしたり、ソロで歌ったり、それらを組み合わせたりすることが可能
・新しく強化された音節に合わせて表示される歌詞で、より簡単にミュージックの進行を追うことが可能

ロック画面

・iPhone 14 ProおよびiPhone 14 Pro Maxで“常に画面オン”が有効になっている場合に壁紙や通知を非表示にできる新しい設定
・睡眠ウィジェットで最新の睡眠データを確認可能
・服薬ウィジェットでリマインダーを表示してスケジュールに素早くアクセスすることが可能

Game Center

・Game CenterのマルチプレイヤーゲームがSharePlayに対応し、FaceTimeで通話中の人とプレイ可能
・アクティビティウィジェットで、ホーム画面から直接、友達がプレイしているゲームやその達成状況を見ることが可能

ホーム

・スマートホーム用アクセサリとAppleデバイス間での通信の信頼性および効率の向上

※このアップデートには、以下の機能改善とバグ修正も含まれます

・“メッセージ”の検索の改善により、犬、車、人物、テキストなどの写真の内容に基づいて写真を検索可能
・“IPアドレスを公開”設定で再度読み込むとSafariでiCloudプライベートリレーのユーザが特定のサイトでサービスを一時的に無効可能
・“メモ”の参加者カーソルにより、ほかの人が共有メモをアップデートしている箇所をライブインジケータで表示可能
・AirDropの設定が10分経過すると自動的に“連絡先のみ”に戻るようになり、望まない相手からのコンテンツの受信リクエストを防止
・iPhone 14とiPhone 14 Proモデルでの衝突事故検出の最適化
・アップデート後に一部のメモがiCloudと同期できなくなる問題を修正
・日本語キーボードでの入力中にVoiceOverで変更を認識できないことがある問題を修正

※一部の機能は、地域やAppleデバイスによっては使用できません

iOS16.2のアップデート内容

過去のアップデートに比べるとiOS 16.2には新機能も数多く追加され、かなりの数の機能改善やバグを修正しているようだ

まとめ

いかがでしょうか? まだiOS 16を導入していない人もいるでしょうが、iOS 16.2では過去のアップデートにはないほど、数多くの新機能が盛り込まれています。

同時にかなりの機能改善やバグの修正も行われているので、不具合もかなり解消されているはずです。

これまで様子見していた慎重派の人も、さすがにiOS 16を導入してみてもいいのではないでしょうか?

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

iPhoneの「iOS 16.2」がリリース、何がどう修正された?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhoneiOSiPhoneの使い方iOS 16iOS 16.2】の最新ニュースをいち早くお届けします。